« 「ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀」で | Main | 『霧の中の二剣士 定訳版 ファファード&グレイ・マウザー 3』(20050215) »

2005.01.19

シャーロット・マクラウド死す。

シャーロット・マクラウドが14日、アメリカの老人医療施設で亡くなった。82歳だった。死因などは不明。
ソースは毎日新聞(17日付社会)。
最初はゴシック調だったセーラとマックスのシリーズ、片田舎の農業大学を舞台にしたシャンディ教授シリーズ、アリサ・クレイグ名義のマドック&ジェネットシリーズなど、とにかくたくさんあったように思うのだが。長いシリーズはどれもおしどり探偵コメディで、大いなるマンネリの面白さだっただけに、今から特に勧めるかは……う~ん、て感じだな。個人的には忘れられないんだけど。
ほんと、心よりご冥福をお祈りします。

どんどん新刊が出た八十年代後半~九十年代前半が華だったかなあ。いや翻訳ミステリでシリーズが複数の版元から出るなんて珍しいんですよ。すごい売れたってことさ。
ただ点数ありすぎ、自分の本も友人にあげてしまったので、図書館にでも行かなければ振り返れないの。心覚えに検索リスト。

■アンソロジー/短編収録
『魔女のオレンジ猫 猫の事件簿シリーズ』二見文庫/二見書房 版元品切
『現代ミステリーの至宝 2 死の飛行』扶桑社ミステリー/扶桑社
■アンソロジー/編・著
『聖なる夜の犯罪』ミステリアス・プレス文庫 32/早川書房  版元品切
『サンタクロースにご用心 クリスマス13の物語』扶桑社ミステリー/扶桑社 版元品切
『13のダイヤモンド』Hpb/早川書房  版元品切
■アリサ・クレイグ名義 創元推理文庫/東京創元社
『潮の騒ぐ家』 版元品切
『殺人を一パイント』
『今宵は浮かれて』
『山をも動かす』 版元品切
『キルトは楽しい』
『呑めや歌えや』
『芝居も大変』 版元品切
『ブラスでトラブル』
『レシピに万歳』
『昔むかしの物語』
■シャーロット・マクラウド名義 扶桑社ミステリー/扶桑社
『ウーザック沼の死体』 版元品切
『富豪の災難』 版元品切
『風見大追跡』 版元品切
『ポカパック島の黒い鞄』 版元品切
■シャーロット・マクラウド名義 創元推理文庫/東京創元社
『にぎやかな眠り』
『蹄鉄ころんだ』
『納骨堂の奥に』
『ヴァイキング,ヴァイキング』 版元品切
『下宿人が死んでいく』
『猫が死体を連れてきた』
『盗まれた御殿』
『オオブタクサの呪い』
『ビルバオの鏡』
『消えた鱈』
『フクロウが多すぎる』
『唄う海賊団』 版元品切
『お楽しみが一杯!』
『リサイクルされた市民』
『水のなかの何か』 版元品切
『復活の人』 版元品切
『牛乳配達退場』

|

« 「ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀」で | Main | 『霧の中の二剣士 定訳版 ファファード&グレイ・マウザー 3』(20050215) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/2623685

Listed below are links to weblogs that reference シャーロット・マクラウド死す。:

» クリスマスの殺人 『にぎやかな眠り』 [手当たり次第の本棚]
クリスマスにからんだミステリっていうのは、意外に多い。おそらく、それは、もともと欧米では「冬」が怪談のシーズンだっていうのが多少関係あるんだと私は思う(笑)。そ... [Read More]

Tracked on 2005.01.19 at 10:42 PM

» 『サンタクロースにご用心』 楽しいクリスマスを! [手当たり次第の本棚]
メリー・クリスマス! 12月25日はボックス・デイ。クリスマス・ツリーの下に置いてあったプレゼントを開いたり、日本のお年玉のように、女中さんや郵便配達人などに... [Read More]

Tracked on 2005.01.19 at 10:43 PM

» シャーロット・マクラウド [のぶたと南の島生活]
先日、コージー・ミステリ小説の大御所シャーロット・マクラウドが亡くなりました。マクラウドと言えば、架空のバラクラヴァ郡にあるバラクラヴァ農業大学とその周辺を舞台... [Read More]

Tracked on 2005.02.13 at 04:05 AM

« 「ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀」で | Main | 『霧の中の二剣士 定訳版 ファファード&グレイ・マウザー 3』(20050215) »