« December 12, 2004 - December 18, 2004 | Main | December 26, 2004 - January 1, 2005 »

2004.12.25

ハウルふたたび。

『ハウルの動く城』は興行収入一位確定、推定でも200億円以上と数字が出てた。→eiga.com
一方で、いまひとつ盛り上がりを欠くとの記事も、ようやく出てきている。→夕刊フジ

いやまあ、きのう『天空の城ラピュタ』見ながら考えてたんですけどね。
原作を読んだ自分は、ハウルって、このムスカくらい複雑なキャラだと期待してたのかもしれないな、って。いや見てる間は集中しててどこで何考えたかは覚えてないんだね。

そう、ワタシにとっては宮崎アニメの中でいちばん面白いといったらやっぱりこの『…ラピュタ』なのだ。CMすら苦にならないくらい。
『未来少年コナン』『ルパン三世カリオストロの城』を彷彿とさせる動きには圧倒されるし。時には引きつけられ見入ってしまう。いや古い鉱山で明かりを消すシーンとかですね。
少女は健気で、ひたむきに世界の行く末を思う。心の底から助けてやりたいと思う少年の気持ちに素直に共感できるし、大人たちは理解し許容する強さがある。そりゃもう海賊ドーラだな、出色は。
しかしまあハナシの面白さを支えるのはカタキ役てか、悪役のムスカだろう。この複雑さといったら、これもまた宮崎キャラのなかでも出色ではないかと思うわけで。
クシャナとか参謀とか、ポルコとか、役割やわかりやすさは少しずつ違うけど、視点をおかれた人物からは伺い知れない部分のあるキャラがハナシを深くしていたんだねえ。
1回できてしまった作品と同じ物を繰り返し作っても、そりゃクリエイターには意味のないことかもしれない。でも見る側の期待は、これまでの最高水準に上がっちゃうわけで。

いやアニメのハウルにも、わからない部分はたくさんあるし。人外の姿から戻るシーンとか、特別な場面でなくても、一部大人のおねいさんたちが喜んでおいでのように(笑、絵としては十二分に美しく魅力的なのだ。
そしてまあ、おばあさんになる呪いを受けたはず女の子が、自分の思いこみ――つまり、「自分はどうせ」という諦観を忘れるほどに、ほかの誰かのために一生懸命になるとき、自分ではわかっちゃいないまま、少女の姿を取り戻すのだと分かっていく演出は、なかなか説得力があったし。

でもハナシの重要なポイントについて、手がかりが少なすぎるんだよねえ。という話は1回書いたけど。
やっとこのテの話が表にでてきたか、と思う。
いや、公開遅れたうえ1ヶ月保たなかった「スカイ・キャプテン」だって、文句なくいい映画だったってわけじゃないけどさ。わかった上での大人のお楽しみ的映画を見たいひとは日本じゃ少数派なんだろうけど。押しのけられるなら、られるで、押しのける側もいい映画であってほしいと思うのは……まあ倒錯してるか。
でも期待してたんだよ。ほんと。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

24日のニュースあれこれ。

■2004年の北米の映画興行収入は94億ドル?って、ええと概算で9400億円。
といってもアメリカの調査会社エグジビター・リレーションズにロサンゼルスのロイターが取材した数値なので、独自調査による推定値てことですか。ソースはNews@nifty。
ただ、売り上げ枚数は減ってるんですと。2002年は16億枚、2003年は15億3000万枚、2004年は15億枚前後の予想。
だったらなんで増えるのかってぇと、入場料値上げしたから。
去年の6ドル3セントから6ドル10~25セントくらいになったんだそうな。

日本に比べればまだまだだよな。しかしまあ、サービスデーとかレイトショーが身近になる前よりは遥かに映画行くようになったよなあ。もちろん指輪映画三部作みたいに、行くぞ劇場何度でもな映画があったからこそできた習慣なんだけどね。

北米でも入場券発売数が減ったのは、今年のクリスマスには指輪映画がないからだという推測もありで。さもありなん。<結局これか!

(正確には「『王の帰還』のような超ヒット作がないため、入場券販売総数は少なくなると予想される」という表現でした(笑。)

■火星無人探査車オポチュニティーが最近、砂塵による太陽電池の電力低下から回復していることが明らかになった。NASAが打ち上げて、2004年初めに火星着陸したヤツね。
着陸時と同じ900ワット時以上に戻ったのは太陽電池パネル上のホコリが除去された状態になったからとされているが、原因は不明。順当なところだと風や霜だという。
ソースは読売新聞だけど、イギリスの科学雑誌ニューサイエンティスト最新号の記事らしい。
別の場所に着陸した無人探査車スピリットは電力低下したままだって。
いや読売の文面じゃないが謎の火星洗車隊がいるんならそっちにも行ってくれないものか(笑。<いません。

出版科学研究所の発表によれば、今年1~11月の書籍・雑誌など出版物の売り上げは前年比で微増。じつに八年ぶりに年間売り上げプラス成長の見通しなんですと。
セカチューやハリポタなど書籍のミリオンセラーに押し上げられた結果だそうで。
ちなみに日販先週のベストセラーにも『ダレン・シャン 12』『かいけつゾロリたべられる!!』『魔法使いハウルと火の悪魔』と、児童書が3冊もトップテン入り。もちろんクリスマスシーズン効果は無視できないとおもうわけで。

うむ、欲しいものをもらったひとも、もらえてないひとも。
よきクリスマスを。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.24

『ボーナス・トラック』(20041222)

ボーナス・トラック越谷 オサム著
(四六判)/新潮社2004年12月
1575円 ISBN:4-10-472301-0
bk1 Amazon 楽天ブックス
第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作品に加筆したもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『アジアの岸辺』(20041222)

アジアの岸辺トマス・M.ディッシュ/若島 正編/浅倉 久志ほか訳
未来の文学(四六判)/国書刊行会 2004年12月
2625円 ISBN:4-336-04569-0
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.23

『ラス・マンチャス通信』

ラス・マンチャス通信平山 瑞穂著
(四六判)/新潮社 2004年12月
1470円 ISBN:4-10-472201-4
bk1 Amazon 楽天ブックス
第16回ファンタジーノベル大賞受賞作。
やらなきゃいかんことがある時に限って読書ははかどるもので、到着後すみやかに読了。主人公が施設に収容されるあたりで冒頭の「アレ」は実は「アレ」でないのでは、と思ってしまうともう止まらない。いや、何やってんだか。
「アレ」の異形もさることながら、主人公とその家族の対応も相当なもので。異形とのギャップを感じさせるに足る日常や凡庸の書き込みはしっかりしているのだが、それが日常に思えるのはそう読めるだけで、じつはかれらは異形の世界に生きているのではないかと思えてくる。
ラス・マンチャスとは双方向の異形世界の名ではないかと。
(作品中での意味づけは全然違います。つまり思いこみ(汗))
ファンタジーノベル大賞はこういう名前だけど、この選考委員に読んで欲しい小説の賞なんであって。市場で売れてるファンタジーとは関係ないんだよな、やっぱり。と今更ながら思いました。
いや、だからチェックやめないんですけどね。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

映画のニュースあれこれ。

原作こだわりとミーハー、野次馬ごちゃ混ぜの映画関連ニュースチェックっていうか。
ほかの日記でやってたメモです。

■ハリー・ポッター6作目脱稿、という話題はちらちら目にしてましたが。発売日の発表がありましたね。
版元プレスリリース(21日付)
もっとも英国、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、そのほか全世界向けの英語版で、2005年7月16日発売同時発売。
日本版はもちろん未定。まあ原稿も見てない段階じゃ何も言えませんですな。

■パイレーツ・オブ・カリビアンの2作目にユン様ですと(汗。
 eiga.com ニュース&噂
誰よと思ったらチョウ・ユンファでした。監督から香港の実在海賊役のオファーがあったとか、なかったとか。
もっとも中国のApple Daily紙のみの報道で、これ華字新聞なのね。ソースにはあたれず。
ディズニーからは正式コメントは出てないそうな。

■DCコミックスの「超音速ヒーロー ザ・フラッシュ」映画化、というハナシはFlixから。
このタイトルからするに日本語の本が出てる……のかな?と思ったら、テレビシリーズでした。以前、日本テレビ系で1990年制作のテレビシリーズが放送された時の公式サイトにヒット。
深夜、関東のみの枠で、今年の3月まで放送してたとは。Q&Aから推測すると、他局で放送した二カ国語版の再放送な感じで。

■ドリームワークスの『ジ・アイランド』(原題)にショーン・ビーン出演が決定、というのはscifi.comで見たんだったかな。英語じゃいまいちわからなかったけど、「プリズナー」ふうのストーリーで、原作はなさそうですね。
Flixの写真は「ナショナル・トレジャー」のプロモーション当時のものらしいけど、すごい、悪役っぽい(笑。ボロミア兄貴の面影もない感じ。

■それにしてもマグニートーを主役にしたX-MENのスピンオフ、アクション・スリラーだそうですが。
この主役を、まさかイアン・マッケランがやるのかなあ(汗。Flixには写真入ってるけど。


■『ヴィタール』(公式サイト)の映画館パンフが320ページ、脚本全掲載だっていうからびっくり。
値段はいくらなんだろう(汗。

■来年4月16日公開の松竹映画「阿修羅城の瞳」(公式サイト)のエンディングはスティングによる「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」ですと。ピアニストはハービー・ハンコックだそうで(汗。
ううむ滝田洋二郎監督、原作は劇団★新感線の中島かずき。音楽が……菅野よう子だ。
論創社からもとの芝居の戯曲は出てる。
オリジナル版 2003年版

ヤフーの「【中華芸能】『天下無賊』:10日で興業収入8000万元突破」ってコピペしても今いちピンと来ないけど。アンディ・ラウ主演の中国映画『天下無賊』が中国での興行収入記録を塗り替えた、ってことだな。うん。
上海の中国映画情報サイトで紹介&レビュー。
コメディが得意な馮小剛(フォン・シャオガン)監督の「賀歳片」、正月映画ってとこですか。この人の『甲方乙方』から始まったのか。
中国情報局によれば、公開初日で早くも北京市内には海賊版が登場したという。いやはや。


■ツタヤオンラインが始めたiモード向け英語学習サイト「シネマ英会話EX」の教材は映画なんだという。
ソースはITmediaモバイル
話題の作品で英会話や字幕翻訳のレッスンができるというもの。予告編などを動画で楽しめるサービスもあって月315円は高いか安いか……まあ使う人しだいだけどね、なんによらず。
同サイトの監修・編集はキネマ旬報社と字幕翻訳家・菊地浩司氏。
戸田氏は……コラム等に登場予定とのこと。いや、そりゃ拘ってるともさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『暁天の星 鬼籍通覧(1)』

暁天の星 鬼籍通覧(1)椹野道流/山田ユギ
講談社X文庫ホワイトハート/講談社 2004年12月
725円 ISBN:4-06-255768-1
bk1 Amazon 楽天ブックス

はっと気が付いたらシリーズ長くなってて、手を出しかねてた作家さんなんですが。新シリーズだってんで、書店でパラ見して気に入ったので買ってみたもの。主人公はビジュアル系?らしいんですけど、脇キャラのメインが地味な女性、しかも法医学者だったのも大きかったかな。ちょろりとボーイズラブっぽい味付けはありますが、味付けだけ。
中味はまあ法医学教室を舞台にした謎解き、ちょっと不思議、って感じです。解剖の描写はわりと具体的なので、そういうの苦手な人には向かないかな。わたしはあまりリアルに想像しないほうなので、世話物系の手慣れた感じで、スルリと読了。いや楽しめたんですが。
長編にするには職掌から踏み出さなきゃいけない、それはわかるけど……ちょっとここまでは、というモヤモヤはいかんともしがたい。いや、好みの問題だと思いますがね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.22

『わたしたちは天使なのよ! 放課後のファンタジスタ』

わたしたちは天使なのよ! 放課後のファンタジスタ久美沙織/船戸明里
EX novels/スクウェア・エニックス 2005年1月
966円 ISBN:4-7575-1348-8
bk1 Amazon 楽天ブックス

久美さんの魔法学校ものだ、と思ったら、なんだ育センの新刊じゃないのね(少なからず落胆。
今度は魔法少女たちでした。その名も聖少女騎士学園、階級は天使の階梯と、なかなか美々しい道具立て、きららかな名前のお茶から始まる話に、久美さんの少女ものはこうじゃなくちゃと頷いてみたり。いや丘ミキは年喰ってからまとめ読んだクチですが、しばらくハマってましたから。
魔女という名につきまとうもろもろにうち勝ってきた先生たちの名前とセリフに思い出すものはありつつ、話の本筋はたぶん聖少女騎士たる少女たちがそれぞれに階梯をひとつもふたつも上がるほうにあるんだと思うわけで。
魔法の力と向き合う育センと比べると、学園内の人間関係に重点があって、ハナシが小気味よく進みます。ほんと、ハリポタが英国児童文学の学園ものの末裔ならば、天使ちゃんたちはただしく日本の少女小説の発展系なんだなあ、と思いました。
それがなぜファンタジスタなのかは……読んでのお楽しみ(笑。
うん、続きがあるならこっちを先に読みたいかもだ。いやあっちも読みたいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『今日も元気に魔法三昧! マジカルランド13』

今日も元気に魔法三昧! マジカルランド13R・アスプリン&J・L・ナイ/矢口悟訳
ハヤカワ文庫FT/早川書房 2004年12月
630円 ISBN:4150203768
bk1 Amazon 楽天ブックス

ああ、自分つくづく長編型と見つけたり。
いやこの本、新しく再スタートする長編シリーズの小手調べ短編集っていうか、おなじみの面々の活躍が3篇収録されてて、いつに変わらぬ笑える話、なんですが。
今までワタクシいかに大ネタの進展に引っ張られてきた読者かよく分かるダメっぷりで、オゥズ師匠登場までにメゲそうになりました。ていうかマッシャ喋りが決定的だったかも(汗。
水玉画伯のイラストに惹かれてこれから読んでみようかな、という人は、迷わず1巻『お師匠さまは魔物!』に突撃すること(汗。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

『風と暁の娘 パンツァードラグーンオルタ』(20041221)

風と暁の娘五代ゆう/かねこしんや
(四六判)/メディアファクトリー 2004年12月
2500円 ISBN:4-8401-1162-6
bk1 Amazon 楽天ブックス

いやアゼルしかやったことないのにいいのか自分(汗。ていうか作家買いですので。ええ。
とりあえずゲット。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.12.21

『ゲド戦記外伝』

ゲド戦記外伝ル=グウィン/清水 真砂子訳
(A5判)/岩波書店 2004年5月
2310円 ISBN:4001155729
bk1 Amazon 楽天ブックス

かなり今更ですが価格もありで手をだしかねていたので、読まずに年越すよりはと図書館で。
なんでだか知りませんが本国での発表順と、邦訳の順が逆になっていて、邦訳5巻「アースシーの風」を読んだ時から気に掛かってはいたのですが。
そりゃないよ的気分になりますな、邦訳6巻の外伝を読むと。
作者によるまえがきと、短編が5本、最後にやっぱり作者によるアースシー解説がついたこの短編集には、三部作までの方向性とはちがうもの、世界のチカラを目前にしたヒトの見せる揺らぎや澱み、引き波のようなものが感じられる。
なぜわざわざ4で壊すかとまで読者に言わせた三部作の完成度を思えば、あってはならない要素だし、むしろ本筋の外にあり、切り捨てねばならない枝葉とも言えるだろう。
いやワタシに理解可能なのは自我の物語である探求の1と奪回の2までなので、三部作といっても2までのことしか念頭にないのであるが、それはそれとして。
しかし4まで読み進んだ目には、ゆらぎはけして些末事ではない。邦訳6では、作者の内面から醸成され、アースシー世界のうちにあらわれて豊饒の証左ともなる。その過程を追体験できるようにさえ思うのだ。
だから4のあとに邦訳6の外伝を読めていればなあ、と思うのだ。いやはや。
4→邦訳5じゃ、いくらなんでも唐突ですよ。止むに止まれず壊したあと、いきなり、なんでもありで好きなようにするわ、になっちゃうわけで。今更短編集読んでもなあ、と思っていたのはまあ読み始めるまでの話。

なにしろ邦訳6を読み進むだに、じんわりと、1作目2作目が、なんだか玩具のスノーボールのように思えてくるのだ。いつでもひっくり返せば現れる雪景色のように、読み返せばあの2冊はいつでも不壊のきらめきを見せてくれるだろう。しかし、玩具は玩具だ。
もちろんこの硝子玉のなかの雪景色が唯一無二であった時代に戻してくれろと、ダダをこねる部分がありはするのだが。

というわけで4まで読んでしまった人は借りてでも読めな感じで。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.12.20

映画ランキングチェックとか。

熱は下がったけど調子はいまいち。うふぅ。しかし月曜なので週末の全米興収トップ10を。
ありゃま、てっきりひとり勝ちと思ってたオーシャンズ12が首位を譲ってるし。ソースは@nifty:News。
このトップテンは各配給会社の推定値のまとめなんだって。確定を待ってると水曜なんだなきっと。

12月17日―19日
1.   Lemony Snicket-------3020万ドル
2.(1)オーシャンズ12------1830万ドル 
3.   Spanglish ----------900万ドル
4.(4)ポーラー・エクスプレス----860万ドル
5.(2)ブレイド3----------660万ドル
6.(3)ナショナル・トレジャー----610万ドル
7.(5)Christmas with the Kranks --570万ドル
8.   Flight of the Phoenix ----520万ドル
9.(8)クローサー----------350万ドル
10.(6)Mr.インクレディブル----330万ドル

いや4位不動の「ポーラー・エクスプレス」が強いというしか。日本でも6位だったっけか。

封切り首位の「Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events」は普通の子供たちが思わぬというか思いも寄らない災難に遭って辛くも切り抜ける人気児童文学シリーズ「世にも不幸なできごと」(邦題)の映画化。公式サイトはまだ英語版だけみたい。
シアトル情報の日本語ポータルサイトには試写会のレビューが載ってたり(12月4日付け)。
まあSFとかファンタジーとかの要素はなさげな。あちこちで「ハリポタと並ぶ人気シリーズ」とか書かれてますが。
日本だと人気度で言えばズッコケシリーズかなあ。部数ではハリポタがダントツだけど。
"Spanglish"はスペイン系の移民の女性が苦労する?ヒューマン・コメディだし、"Flight of the Phoenix"は1965年の「飛べ!フェニックス」のリメイク。

いやはや、今のシーズン、やっぱり子供中心、ファミリー優先なんだなあ。
先週9位だった「ネバーランド」圏外なのはこうなりゃ安心材料かもだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

下見帖更新。~12/15

まだ風邪ひきなので、いまだかつてなくネット頼りな新刊下見帖を更新。
いや説明には簡単だし症状まんまなので風邪って言っちゃうけど、アレルギー性の気管支炎みたいな感じです。
もう楽天で買った中国茶セットになぜか入ってた甜茶飲みまくりっす。
みなさまも風邪と花粉症にはお気をつけて。

花粉症ギワクショックで全ジャンルチェック↓。とほほ。

Continue reading "下見帖更新。~12/15"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.19

『封印作品の謎』

封印作品の謎安藤健二
(B6判)/太田出版 2004年10月
1554円 ISBN:4872338871
bk1 Amazon 楽天ブックス

ある作品が受け手の誰かの心の中に忘れがたく残っているとする。見た当時の思い出も含めて、受け手にとっては、とても大切に思えるものだが。
その価値は誰かが見て記憶して、はじめて生まれるものなのだ。
作る側にとっては、忘れがたい作品もあるだろうが、仕事として作ったもののひとつなわけで。唯一無二と抱えていては次は作れないのだ。

いや、まあ、ぼんやりと『封印作品の謎』を手にとってしまったわけで。
見る側の思い入れは作り手の現実の前に少なからず空回りするものだ。
この本も例外ではなかった。
そして封印の謎は謎のまま終わっている。そういう印象をうけた。

著者は1976年生まれで、怪奇大作戦やウルトラセブンの本放送を知る由もない。長じてから封印作品の存在を知った世代のひとだ。
なぜ、そうなったのか、どこが問題だったのか、封印された中味と、その発端となった事態について、ある程度は解明されている。が、取材を続けるうち、封印にぶつかってどうしようもなくなるところを、著者は省略せずに書いている。残念ながら、ないないづくしの印象が強い。

ただまあ、知らずに騒ぎ、オークションで高値を付けてしまうような愚を避けるに、取材の経過記録も含むドキュメントとしては貴重な記録ではあろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 12, 2004 - December 18, 2004 | Main | December 26, 2004 - January 1, 2005 »