« November 7, 2004 - November 13, 2004 | Main | November 21, 2004 - November 27, 2004 »

2004.11.20

みたび風呂読書(笑)。フェリシモのブックスタンド

bookstand.jpgつまりまあ、書見台探しの続きです。
友人点子さんに「こんなのがあるわよ」と勧められ、思わず予備を分けてもらったもの。
フェリシモの、ええと「半身浴を快適にするブックスタンドの会」、税込1700円。
上部構造は先日新聞で見たマーナのブックスタンドとほぼおなじだが、土台部分は風呂蓋をはさむ角度に固定になっている。ふむ安定するよう蓋の厚みに合わせてタオルを挟むのがコツかな。
しかしウチの風呂蓋は巻きおさめるタイプなので、いつものように半分くらいで折り返し、もういちど折り返した端にセットしてみた。いや四六版で本文440ページ以上の『ブルータワー』だったんで、十年選手の蓋の強度に不安が(汗。

結果? もちろん大丈夫でしたよ。本の開いた側で重量を支えることになるので、重い本厚い本はページをめくりにくくなりますが。濡れ手をきちんと拭いてページをめくれば本がヨレることはまずありません。湯気に直接はあたらないし、ふと気をぬいたはずみにお湯の中に墜落ってことはほとんどなくなります(笑。
半身浴で使うのに、とりあえずひとつ欲しいかな、って人にはけっこういいんじゃないだろうか。
キッチンで料理本とか、手芸のテキストなんかを立てておくには工夫が必要かもですな。背表紙の支えが文庫や新書向きなので。

Continue reading "みたび風呂読書(笑)。フェリシモのブックスタンド"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.11.19

『ロード・オブ・ザ・リング 『指輪物語』完全読本』

指輪物語完全読本記事タイトルにしたのは映画公開を機に角川書店から出た改訂新版(2002.2)。
文庫もあります。
とら君こと、旧友はぐれ狼のブログでコメントつけまくっていて。リン・カーターの話から、旧版『トールキンの世界』(品切れ?)とどれだけ違うか気になりだして本の山を掘り返す。案の定みつからないのだが、ふと気が付くとデスクの奥のトールキン専用棚に立っている<アフォ。
いや気を取り直して。
『指輪物語』を読むと、こう、どこかひっかかる部分があるのだ。指輪そのものであったりとか、『ホビットの冒険』に出てくるドワーフたちの名前とか、独力で気づいた人も多いだろう。
そう、北欧神話だ。解説本とか、時には「古エッダ」の翻訳そのものをかたわらに、名前探しに興じるのもなかなか楽しいのである。と、リン・カーターもこの本に書いている(笑。
ヒロイック・ファンタジー作家にして幻想文学好きで、アダルト・ファンタジー・シリーズ(バランタインのあれ)編纂まで手がけたくらいの人ただしプロの物書きが、現実の神話伝説に添って好きなだけトールキン世界を掘り下げた本、と書いてみると、すごい楽しそうだが。じっさい楽しいっす(笑。いや、トールキン作品好き、神話伝説ほじくり好きならね。
今なら類書もあるのですが、コストパフォーマンスならこの本の文庫版でしょう。
新旧ざっと見比べてみましたが、大きい違いは旧版の原著者序が新版では訳者の序文に差し替えられてるくらいでしょうか。原書刊行は1969年ですから、しかたない部分はあるかと。
ほかに、新版序文によれば、構成を入れ替えたとあります。
巻末リストもアップデートあり。たとえば妖精文庫(版元廃業)収録作品を、ちゃんと追尾してあります。
うむ『シルマリルの物語』入ってるけど『ブリジンガメンの魔法の宝石』と差し替え?かな。
エルフ語名前の音訳など、それエルフ語の発音違いますよ的部分はあるんですが。そのへんは細かく言い出すときりがないので、このへんで(笑。

| | Comments (12) | TrackBack (1)

2004.11.17

もっとも幸せなニュース、募集中。

幸せな気分になったニュースって、あったっけ?
自分ですぐ思い出すのというと、新潟県中越地震の余震のニュースで。商店街で、片付けに入ってたお年寄りが二階で動けなくなって、消防団の人かな?助け出されてたんだけど。手に持ってたスーパーのフクロにね、入ってたのが猫だったんだわ。ブチ猫で、結構大きくて。落ち着いた顔でおとなしくしてた。ああ、いいなと思ったんだ。でもこれテレビだった(汗。
募集は新聞で読んだもの限定でした。日本新聞協会主催なのね。Webからも応募できます。
詳しくは[Happy News 2004]公式サイトに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ファンタジーの歴史』特典追加。

きのうの日記「訳者特製メルマガ?」に書いておいた『ファンタジーの歴史』予約どうしたっけとオンライン書店を見に行ったら、bk1とBooks@niftyではメルマガ1通は予約特典として書かれていたのを発見。アマゾンは2~6週以内発送と既刊扱いでした。楽天は予約受けてないですな。
Books@nifty bk1 Amazon
なお東京創元社の直販はブックサービス経由で、代引きのみ。手数料210円かかります。予約申し込み多数の場合は12月初旬発送予定が更に遅れるかもしれません、ということです。
さて、どうします? いやワタクシはもう特典に釣られましたとも。ええ、もう、すぱーんと一本釣りで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『まぶた』に宿る黒。

まぶた小川洋子
新潮文庫/新潮社 2004.11
420円 ISBN:4-10-121522-7
bk1 Amazon 楽天ブックス

本屋大賞、鏡花賞効果か、文庫があちこちで出てます。bk1はてなだったか、美しい話を読んだ気になるんだけど黒い、というのが気になって手に取ったら戻せなくなり(汗。(20041108)
よせばいいのにキッチンで読み始めてしまい、やめときゃよかったと思うのは読み進んでしまった後。いや後でするから後悔っていうんだよ、とかセルフつっこみしながら読了。
たしかに黒いというか、ふと気が付いてのぞき込むと底の見えない真っ暗な穴があるような、そんな短編ばかりだった。それは日常的というか、ささいで身近とも思える錯誤の重なりの影にあって。多くオンナの愚かしさや、ずるさから成り立っているのだが。その容赦のないことといったら、同性ならではかもしれない。
もっとも、穴の側で立ち止まってのぞき込みさえしなければ、描かれる世界は異様さを孕みつつも、あかるく広がって終わるのだ。
ああそうかと、今にして『ブラフマンの埋葬』を思い出す。いやうろ覚えですけども。
犬のようになつくブラフマンの正体不明っぷり、また主人公がそれをそのままに置くありかたが、はかり知れない孤絶感を覗かせるのだ。黒いといえば、黒いかもしれない。
いや、それも有りかと思わせる作品世界の明澄な空虚が、ほんとうはおそろしいのかもしれないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.16

訳者特製メルマガ?

リン・カーター『ファンタジーの歴史』の発売が11月27日、その前に東京創元社からメールマガジンが来た。時々やってる直販限定のサイン本じゃなくて、サイトの直販で予約すればオリジナルのおまけが付くという。翻訳家にしてアンソロジスト、中村融さんによるマニアックな内容なのだが、媒体はメールマガジンである。
これがたいへん胸おどっちゃうリストとかあるのだが、詳しくは東京創元社公式サイトのお知らせページで。発送は12月上旬だそうです。
……たのしみだ。ていうかリスト見ると、たぶんまた本が増えちゃうんですね。
それ以前にオンラインショップに予約してないか確かめなくちゃ。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2004.11.14

買った本を読め>自分、な感じ。

うむ↓3件で今月の予算使い切った感じで。
ココログメニューの記事一覧を見てると、読破率五割割ってます(汗。
というわけで今月後半は読む方に専念……しないだろうな。でも読まなくては。
整理して行き先を決めないと、猫が巣を作れるような空き箱すらなくなりませんよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『SFマガジン 2004・11』 (20041113)

SFマガジン 2004・11
早川書房 2004年10月
890円 ISBN:なし
bk1 Amazon 楽天ブックス
これも買い忘れ。Jコレクションを見直さなきゃと思ってたし、冬樹蛉さんがレビュー書かれてるしで。最新号はマーティン特集の12月号ですよ念のため。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『王狼たちの戦旗 上 〈氷と炎の歌 2〉』(20041113)

王狼たちの戦旗 上 ジョージ・R.R.マーティン/岡部宏之訳
(四六判)/早川書房 2004年11月
2940円 ISBN:4-15-208597-5
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『王狼たちの戦旗 下 〈氷と炎の歌 2〉』(20041113)

王狼たちの戦旗 下ジョージ・R.R.マーティン/岡部宏之訳
(四六判)/早川書房 2004年11月
2940円 ISBN:4-15-208598-3
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下見帖とか。

遅れまくりの新刊下見帖、11月10日ぶんまで作成、やっと追いつきました。
今期は比較的点数少ないので、見落としありそうな予感。
優先チェックは↓。10日ぶんなので、既に購入済みの本は除きました。ていうか買った本を読め自分。

Continue reading "下見帖とか。"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« November 7, 2004 - November 13, 2004 | Main | November 21, 2004 - November 27, 2004 »