« September 19, 2004 - September 25, 2004 | Main | October 3, 2004 - October 9, 2004 »

2004.10.02

『不良の木』――野崎シリーズ

『雨は心だけ濡らす』(感想あり)、『風の中の女』つながりで読み始めた私立探偵野崎のシリーズ。
この野崎の事務所は何故か「人間研究所」なのだ。俺は探偵じゃない、人間を研究しているのだと言うのだが。
なんというか、このシリーズは最初、一心太助かい、と思っていた。
野崎の伯父は関西経済界の巨頭だし、小説に描かれるのは事務所に持ち込まれる普通の仕事、たとえば離婚調査なんかではなく、伯父の名で頼まれる大事なので、必然的に伯父の影がちらつくのである。
しかし物語はその伝家の宝刀のカタルシスではなく、持てる階層の、伯父の年代――ふつうの勤め人なら既に定年退職している年頃、ありていに言えば老人――の男たちが、失ったものをとりかえそうと、また、失えないものを失うまいと懸命にあがくさまを、描き出して見事だ。
人が年を取るのは、何かを繰り返し失っていくことだ。言った誰かは忘れてしまったけど、まだ覚えている。
いや、こんなこと考えるのは、喪失感に感情移入できる年齢になってしまったのだと、それだけのことかもしれないけど。

Continue reading "『不良の木』――野崎シリーズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リユース文庫サイトで。

ううむ、友人とボードで朝松健作品の話になり、思わず〈魔術戦士〉が読みたくなる。背後の書棚に7だけあるのはどういうことか自分(汗。本の山を全部掘り返さないと、どれは買って何は買ってないか最終的には確認できないのだが、ついリサイクル書店サイトを回ってしまう。
知りませんでした、リユース文庫専門と銘打った文庫OFFができていたとは。
使い勝手を試さなくてはと買い物してみたのが1日付けの買い本帖です(汗。

Continue reading "リユース文庫サイトで。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ダブルブリッド 5』(20041001)

ダブルブリッド 5中村恵里加
電撃文庫/メディアワークス
599円 ISBN:4840217386
bk1 Amazon 楽天ブックス
買ってあった1と2をふと手にとって読了してしまったので、続き探索中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ダブルブリッド 7』(20041001)

ダブルブリッド 7中村恵里加
電撃文庫 0616/メディアワークス
578円 ISBN:4840219958
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (10) | TrackBack (0)

『ダブルブリッド 9』(20041001)

ダブルブリッド 9中村恵里加
電撃文庫 0871/メディアワークス
536円 ISBN:4840225435
bk1 Amazon 楽天ブックス
あと6と8だぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『元禄霊異伝』(20041001)

朝松健
光文社文庫/光文社   NoImage
350円 ISBN:4334718442
bk1 Amazon 楽天ブックス
これも友人が再読しているというので、惹かれていたタイトル。シリーズ名はないけど同じ主人公で三冊あるはず。でもこの本が一冊目なので、とりあえず手は付けられるなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『マジカル・シティ・ナイト Vol.4 天空の敵』(20041001)

朝松 健
スーパークエスト文庫/小学館   NoImage
561円 ISBN:4094403744
bk1 Amazon 楽天ブックス
こちらも思い出して揃え中。あと2巻と、2-1。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 1 蛇神召喚』(20041001)

魔術戦士1朝松 健
ハルキ文庫/角川春樹事務所
740円 ISBN:4894565854
bk1 Amazon 楽天ブックス
昔々の大陸書房版を買いそろえそびれ、スーパークエスト文庫版では未完で気に掛かってたこのシリーズですが、相変わらず本の話をしていて、ふと友人が話題に出してくれたので、完結に気が付くしまつ。鋭意探索中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 3 牧神召喚』(20041001)

魔術戦士3朝松 健
ハルキ文庫/角川春樹事務所
740円 ISBN:4894566400
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 6 冥府召喚』(20041001)

魔術戦士6朝松 健
ハルキ文庫/角川春樹事務所
680円 ISBN:4894566710
bk1 Amazon 楽天ブックス

Continue reading "『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 6 冥府召喚』(20041001)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.30

月末~月初は新刊ラッシュで。

ひいはあ言いつつ下見帖更新。
じゃあちょっとずつやればいいかな、と試してみたけど、参照してるのは4~5カ所でもオンライン書店や取次サイトによって入荷にズレはあり、またいつも見てるところがスタイルを変えたので、連休のしわ寄せもありで追いつきませんでした(汗。いやはや。
ライトノベルとミステリは点数多いし絞りきれなかったので除いた見たい本リストは↓な感じ。
暇喰ったので、買った本読んだ本も複数ある。

Continue reading "月末~月初は新刊ラッシュで。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『スターダックス2 トリプル・スパイ』

024736060000S.jpg草上仁
ソノラマノベルス/朝日ソノラマ
1300円 ISBN:4257010657
bk1 Amazon 楽天ブックス

いやその、プロの詐欺師として名をはせる主人公こと"オネスト"ショウが、のっぴきならない状況に追い込まれ、なんと国家の産業として犯罪にいそしむヴィトゲンシュタイン王国のプロたちとチームを組んで、大きなヤマを踏む、ってのが前作のあらすじで。シリーズで続きがあるってこと自体、ある程度ネタバレだと思うので書いちゃうと、お馴染みのチームが再登場なのである。いつものメンツでコン・ゲーム、お馴染みのアレなかんじだと、うむう30分のアニメでせいぜい前後編、薄手の文庫ならともかく、二段組新書ノベルズ400ページ超にはネタが弱いでしょ、とか思ったのが間違いでした。面白かったす。

Continue reading "『スターダックス2 トリプル・スパイ』 "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.29

『星空から来た犬』

024721060000S.jpgダイアナ・ウィン・ジョーンズ/原島文世訳/佐竹美保絵
ハリネズミの本箱(四六判)/早川書房
1785円 ISBN:4152500263
bk1 Amazon 楽天ブックス

いきおいで『星空から来た犬』に手を着ける。ハヤカワのハリネズミの本箱で、児童書なんである。
星が人格を持ち、怒りっぽいシリウスが法廷で逆上するシーンから始まるので、児童書馴れしてないとちょときびしいかも。しかし犬になってしまえばこっちのもの(どっちの?)。
シリウスというだけに、かれはソル系の地球に追放され、いま生まれようとしている仔犬のなかに閉じこめられる。川に流されたかれを助け、育ててくれるのは女の子、アイルランド人でお父さんが服役中なため、親類の家にひきとられ辛い目にあっているキャスリーンだ。
いや、もう、虐げられる少女って、古典的な定石だけど。大人は自分勝手で、そこんちの男の子たちはあまりに子供で、少女はひたむきで。読み進むうち愛の反対は憎悪でなく無視だよなとかつい考えてしまうのだ。
犬ならぬ犬はおのれを陥れた陰謀をあばこうと頑張るのだが、時に犬としての生に、そしてあるじを想う気持ちに圧倒される。犬もいいなあ、と思ったり。猫も悪役ばかりじゃないのが自分的にはポイント高し。
終幕、子供たちそしてシリウスは決断を迫られて、むかえる結末は苦く、しかし後味はほの甘い。
いや、面白かったけど。この本やっぱり児童向けだし、SFやファンタジーを読んできた大人にSFだから読んでって言えるかっていうと、それはかなり苦しいものがある。
しかし人間と犬に通う情愛のドラマはすばらしく、また、闇を走る犬たちのあるじは、あれなのだ(ネタバレ注意)。うむう、自分的には非常に喜ばしい裏切られかたでした。
動物とくに犬好きの人、児童文学OKなファンタジーファンにオススメなのは言うまでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.09.28

『ある愛書狂の告白』

ある愛書狂の告白・イメージジョン・バクスター/笙玲子訳
シリーズ愛書・探書・蔵書/晶文社
2940円 ISBN:4794926626
bk1 Amazon 楽天ブックス

本のコレクターの自伝なのはタイトルどおり。
オーストラリア生まれで15才で学校を辞めて鉄道員になりSF小説が雑誌に売れたりするけれど、母国の状況に絶望して移住、映画関係とかの編集者、そしてインタビューして評伝を書いたりするインタビューアーから大学で教えたり、かと思うと一目惚れした女性をおいかけてフランス語話せないのにパリ移住するような人の、コレクションの話なんす。
ちなみにこの流転を通じて、SFファンのミステリ好きなのはずっと変わらず、集めるのも手写石版印刷手彩色革装天金的稀覯本でなく、ミステリやSFの雑誌ハードカバーペーパーバックで、往々にしてボロボロだったり。
いやまあ、ごくあたりまえのリサイクル本屋の100円棚から、我こそは掘り出し物を見つけてやるぜと思ったことがある人なら、この本は面白いと思うわけで。
しかも癖があるどころではないブックハンター、作家、コレクター、映画人たちが、実に魅力的に描かれている。おおむね話は時系列順に進むのだが、回想録だし小説のように筋立てがあるわけではないので、さて読みましょうかと向かい合う姿勢は必要かもだが。
あと、フォレスト・アッカーマンをはじめとするSFコレクター、作家、編集者がぞろぞろ出てきます。そっち系に興味があれば、中盤まで耐えて読み進むべし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.26

〈エイラ〉ふたたび

『大地の子エイラ』っちゅう、家族から取り残されたクロマニョン人の少女エイラが、ネアンデルタール人に拾われて育って、という原始ファンタジーの翻訳が以前出ていたわけですが。(ちなみに今でも買えます→一覧
英語圏ではすごいベストセラーだったそうで、映画にもなったけど、日本ではなぜか第3部までで翻訳が止まってました。
それがなんか新訳で出るらしい。しかも完訳と銘打たれている。今度こそ、最後まで読みたいものだ。
いや何冊になるのかとか、そういう心配はおいといて(汗。

『ケーブ・ベアの一族 上 エイラ-地上の旅人 1』
ジーン・アウル/大久保 寛訳  A5判/ホーム社
2100円 ISBN:4-8342-5105-5
bk1 Amazon 楽天ブックス

『ケーブ・ベアの一族 下 エイラ-地上の旅人 2』
ジーン・アウル/大久保 寛訳  A5判/ホーム社
2100円 ISBN:4-8342-5106-3
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 19, 2004 - September 25, 2004 | Main | October 3, 2004 - October 9, 2004 »