« 『アバラット』 | Main | 下見帖更新。 »

2004.12.16

「スカイ・キャプテン」を見た。最後の朝イチ割引で。

いや噂にたがわぬ、なんというか市街シーンの感じはなんか「メトロポリス」だし、ロボットはどっちかっていうと横山メカだし、無線で Calling Sky Captain ! とかやってるところはキャプテン・フューチャーだよと楽しみつつツッコミつつ見ていていいのかホントに、と思うのは。地球の危機とかに眦(まなじり)を決さんばかりのコドモばっか出てくる日本のアニメに馴れちゃってるからかもしれぬ。
だって主演ふたりのやりとりは最後まで痴話喧嘩だし(笑。かるい。しかも、ぬるい。
しかしその、ジュード・ロウ、グウィネス・バルトロウ、アンジェリーナ・ジョリーと俳優陣がまたいいのだ。ストーリーの要求する古典的なタイプのキャラに、みごとにハマッてる。
ポリー・パーキンスはヒーローを厄介ごとに巻き込むヒロインの典型なわけですが。事件記者なのにハイヒールにロングタイト、金髪巻き毛は乱れもしない固めっぷり。
失敗する自分が許せないんじゃないかと何となく思ったフランキーの唇が赤くないのもまたよし。で、まあ、なんといってもジュード・ロウなんですな。いやもう、キメ笑顔が出るたび、キャーとかイヤーとか言いたくなって困りました(汗。すばらしい。
ぜひ、レンタルDVDがリリースされた暁には、女友達と転げながら見る会をやりたいです(笑。

たぶんおおかたのところでは17日までだと思います。すべてわかってて、なおかつ面白がれる大人のお楽しみって感じなので、ムリくり見に行けと言うほどじゃないけど。まあ、噂のゴジラほど無駄遣い感はないんじゃないかな。
(20041210)

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー
 公式サイト

監督・脚本 ケリー・コンラン 
製作総指揮 オーレリオ・デ・ラウレンティス 
製作・出演 ジュード・ロウ 
出演    グウィネス・パルトロウ  アンジェリーナ・ジョリー 

2004アメリカ/ギャガ=ヒューマックス配給

見たから読むかととりかかったノヴェライズはなんというか、セリフと筋書きで。いや大半はそういうもんだけど。話の展開を当たる資料としてはソフトが出るまではこれしかないと思うけど、そういう資料が必要な人以外は買わなくてヨシな感じで。
スカイキャプテン
『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』(20041204)
K.J.アンダーソン
竹書房文庫/竹書房 2004年12月
620円 ISBN:4812419166
bk1 Amazon 楽天ブックス

|

« 『アバラット』 | Main | 下見帖更新。 »

Comments

I take pleasure in, result in I discovered exactly what I used to be looking for. You've ended my four day long hunt! God Bless you man. Have a great day. Bye

Posted by: free music downloads | 2015.04.04 at 07:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/2285104

Listed below are links to weblogs that reference 「スカイ・キャプテン」を見た。最後の朝イチ割引で。:

« 『アバラット』 | Main | 下見帖更新。 »