« 「シークレット・ウィンドウ」スペシャルテンプレート記念(笑 | Main | 新刊下見帖更新。~12/5 »

2004.12.10

『ライトノベル☆めった斬り!』

ライトノベル☆めった斬り!大森 望;三村 美衣
(B6判)/太田出版 2004年12月
1554円 ISBN:4-87233-904-5
bk1 Amazon 楽天ブックス


アマゾンで売り切れていたカレンダーを確保しにいったついでに買ってほぼ即日読了。
ぜんぜんめった斬ってないですが。ていうか『文学賞メッタ斬り!』のフォロワーなのはタイトルだけ、とは前書きにも書いてあるとおりで、内容的にも大森望・三村美衣両氏対談によるライトノベル30年史ですな。これも前書きまんまです。まあこの地味タイトルじゃ売れませんでしょう。
こういう同時代つか同時進行ジャンルだと年月による淘汰がないので、点数絞り込まれないままだし、さらに年間千点新刊が出るとくれば、全体を俯瞰的にとらえることは誰にもできんとワタシも思う。ジャンルの特色つか限界はともかく、それでも小説いや商品としてのレベルとか、気にしてる余裕は作り手にもないだろうし。
いやそれは金取る以上いかがなものか、とは思うが。小説読みの評価はともかく、作品としてはバランスとれてないほうが売れてたりするからな。ほんと。

んでまあ、今把握できてる限りの「ライトノベル的なもの」は、自分の知るかぎりではいつからあったと思うのか、個として読書歴を遡って再確認する、人によりけりというか千差万別の一例的作業になっちまうのはいたしかたのないことで。
いや網羅的な点、また鑑識眼そして表現の鋭さにおいては、両氏以上の適任はいないとは思いますよ。でも、個として考えると、違うのはしょうがない。
この本にもあるように、というか客観的に見てもそうなんだけど、男子向けがライトノベルのメインなんだよなあ。にっかつ映画のたとえは言い得て妙だと思いましたが、まあエロ全般、男女問わず言えることではあります。
ワタクシ実は男子向け方面はたいそう苦手なので、ほとんど何も見ていないようなもんです。今的ライトノベルの頂点として紹介されている『撲殺天使ドクロちゃん』だって読まない、いや読めないでしょう、たぶん。
その意味、歴史と事実関係を知るには貴重な資料と思います。

いや自分がとっぷり漬かっていた90年代ライトノベルおもに女子むけ、ほとんどファンタジー、という部分は「めった斬り」にはあまり出てこないんですな。どころか、ライトノベルと違う、という見解すら散見されます。これが周辺やおいというかボーイズラブまで入るとさすがに違うと思うのですが、まあこの話してると今度はほんとに自分語りになってしまいますので。

……って、本読む前に堺さんのブログからたどってコメント群読んでしまったので、その線で検証する感じになるのかなあ、と思ったけど。本じたいに明確な方向付けはあるしで、読まなくてもたぶん変わらなかったと思われます。
ただまあ、パソコン通信の会議室でライトノベルの話をするかぎりでは、会社側の設定上(笑)、新規ユーザの流入が途中から激減したことが大きかったかな。ほぼライトノベル「しか」読まないで物を言うひとは年齢を問わずいつでもいたし、年齢で層を成すには至りませんでした。プライベートで知ってる人としかこういう話したことのない人が、視点や考え方を最初から相対化できるかってぇと……象を見ず一部を撫でてる状態に気が付かないことのほうが多いです。

リン・カーターの『ファンタジーの歴史』のほうは、ある程度俯瞰できる例ではありますが、それはジャンル形成に歴史的な差があるからで。タイムスパンも含んでですよ。
いやまあなんちゅうか、こっちも読んでないものについては論評できないのは当たり前なんですけどさ。
古いものでは19世紀、コナンシリーズ(古書のみのようなのでアマゾンにリンク)や『指輪物語』のブーム以前については、いったんすたれるという身も蓋もない淘汰を受けて、好事家によって再発見されたもの、というフィルタがかかってますからね。歴史は長いけどまだ選ばれた階級のための耐久消費財だったから点数はそんなにないし、小説としての水準は……まあ時代性とテンポは棚上げすれば、まあそこそこあるでしょう。
娯楽小説としてジャンル続いてきたかとは関係なく、文学として研究されてきた歴史もあるわけで。趣味人による趣味人向け概説書の出る余地もあるわけだよね、ということで。

|

« 「シークレット・ウィンドウ」スペシャルテンプレート記念(笑 | Main | 新刊下見帖更新。~12/5 »

Comments

はぐれ狼が憶えている、初めて見たライトノベルというと、ソノラマ文庫(創刊当時)ですね。
『宇宙戦艦ヤマト』が栄光ある0001番です。
はぐれ狼は、ハヤカワ創元ソノラマばっかで、コバルト文庫は「あんなの女の子が読むもん」と避けておりました(笑)。

Posted by: はぐれ狼 | 2004.12.10 at 04:49 PM

ワタシも中学生くらいの時は少年漫画ばっか読んでたなあ。高校生になると漫画少年とかリュウとかのほうに走ったけど。なんでまあ女の子向けは読まなかったかっていうと、恋愛の行く末より大きな出来事がない話はつまらなかったから(笑。考えてみると、そうじゃない少女漫画はけっこう読んでました。
コバルトはファンタジーブームでやっと、恋愛以外にもなにかある小説が出てきたって感じだったな。

ソノラマの話も出てたけど、どこからライトノベルかって話は、ヤマトまでは遡ってなかったかな。
フォーラムで神北さんが考えた時は、本屋さんの区別だったよね。つまり版元が「おもに中高生むけ」「漫画とかアニメのイラスト」で出してるレーベルを言ったんだよね。内容とか定義をみんなで論じなくても(SFの人はそういうの好きだし)、パッと見て、どこの板に書けばいいのか分かるように。
この『…めった斬り!』は内容的な特徴に踏み込んで考えてるっていうか。著者たちが現時点でライトノベルの典型と思う作品群から特徴を抽出して、それの特徴をどこまで遡って見つけられるか、というところから30年史の歴史語りが始まる本なのね。
なんていうか人それぞれ読書範囲と読書歴が違うわけで、そこから抽出されるライトノベル「的」な概念は人によって違ってあたりまえだと思うわけで。人の数だけ30年史があるとおもう。それを、みんな語りだしたら面白いと思うのな。いやそれをまとめるのはイヤですけど(笑。たいへんすぎ。

Posted by: しのぶ | 2004.12.11 at 12:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/2217782

Listed below are links to weblogs that reference 『ライトノベル☆めった斬り!』:

« 「シークレット・ウィンドウ」スペシャルテンプレート記念(笑 | Main | 新刊下見帖更新。~12/5 »