« 意外と広いジュンク堂新宿店。 | Main | 『書物の敵』それは……紙魚?いやいや »

2004.11.08

いとしの猫たち。『ねこの肉球』

ねこの肉球
さて今日は和み本マイベスト。

『ねこの肉球 完全版』
荒川千尋/板東寛司写真
文春文庫PLUS/文芸春秋 2003年9月
670円 ISBN:4-16-766058-X
bk1 Amazon 楽天ブックス

友人とこで『猫川柳』の話題を出したら猫バカっぷり炸裂してしまい。いや、まあ猫好きな人多かったので苦笑くらいで済んだと思いたい(汗。
そういえば猫バカ本というとこれでしょう、と、話題になりました、猫のあしうら本。肉球はつまり指先のひらの部分なのだが、これがまあ人体にはない構造だし。
うちとけた猫のあしうらにさわってみると、この感触に魅せられる人も多いのである。
いやもう、ページをめくってもめくっても猫の足の裏が写っているという、かなり症状の進んだ猫好き以外には用のない本と思われるが。ところどころ持ち主猫の写真もあり、これがまたなかなかいいんだな。つい自分ちの猫の足裏を触りに行きたくなります。ちなみに仔猫の足裏はスベスベ。うちの猫は……荒れてますね、ちょっと。

|

« 意外と広いジュンク堂新宿店。 | Main | 『書物の敵』それは……紙魚?いやいや »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/1901452

Listed below are links to weblogs that reference いとしの猫たち。『ねこの肉球』:

» 『ねこの肉球』 ねこといえばにくきゅう [手当たり次第の本棚]
ねこ好きな人は、だんだん増えているんだそうだ。ほんとうなのかな?ほんとうと言われれば、ほんとうのような気がする。でも、野良猫は、昔に比べて、あまり見なくなった。いや、単に、飼っているねこを外に出さなくなっただけなのかもな。さて、ねこと言った時、ねこの体のどこをイメージしますか( ‥)/私は、誰がなんと言おうとも、「みみ」である。でも、「にくきゅう〜♪」と言う人が、まわりには、かなりいる。いやもうこれが、ほ�... [Read More]

Tracked on 2005.04.23 at 06:49 PM

» ねこの肉球 [【東京印象時間】 ~麻布十番・神楽坂・人形町~]
荒川 千尋, 板東 寛司 ねこの肉球 完全版 冒頭から肉球三昧。 箸安めに"肉球占い(?)"を挟んでまた肉球。 表紙のようなバンザイ姿の肉球写真もかわいらしい。 子猫のつやつやした肉球は写真と判っていてもつついてしまいたくなる。 たまらない・・・... [Read More]

Tracked on 2005.10.15 at 01:08 AM

« 意外と広いジュンク堂新宿店。 | Main | 『書物の敵』それは……紙魚?いやいや »