« 自由価格本のオンライン販売。 | Main | 下見帖更新。~1031 »

2004.11.06

『指輪物語「中つ国」のうた』

前のほうにいきなり「人生のバイブル」とか書いちゃってるのは、トラックバック野郎のお題「泣き笑い文庫」のネタだったのです(汗。いやワタクシ的に特に不思議のないネタだったので、つい但し書きを忘れました。

さて、まあ、ここしばらくの関連本ブームに精神的にはわが世の春、しかし懐具合は厳寒だったワタクシですが。
最近出た本から、以前から原作が好きだとおっしゃるかたに勧めるならなんだろうと考える機会がありまして。
まあ、やっぱりこの詩画集だろうと思ったわけで。じつに美しい本です、はい。座右の書て感じで。

指輪物語「中つ国」のうた『指輪物語「中つ国」のうた』
J.R.R.トールキン/瀬田 貞二;田中 明子訳
(A5判)/評論社 2004年2月
1470円 ISBN:4-566-02381-8
bk1 Amazon 楽天ブックス

トールキン生誕百年記念のイラストレイテッド版(日本版は新訳愛蔵版)のためにアラン・リーが書きおろしたカラー挿画が、『指輪物語』いたるところで吟唱される詩と唄のあいだに配置されています。
あの長い物語を全部読み返さなくても、こんな場面があったと思い出し、しばし原作世界にひたれる優れもの。
いや詩だけじゃどこで誰やらわからんよという悲鳴を予期してか、日本語版には評論社編集部の手になる状況説明が添えられているんですけども、この文章、仕事というばかりじゃない思い入れが伝わってくる気がします。
原書はたしかかなり前に出ていたのですが、映画を機会に再版、今はまた品切れのモヨウ。

|

« 自由価格本のオンライン販売。 | Main | 下見帖更新。~1031 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/1878268

Listed below are links to weblogs that reference 『指輪物語「中つ国」のうた』:

« 自由価格本のオンライン販売。 | Main | 下見帖更新。~1031 »