« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.31

『コバルト風雲録』(20041031)

コバルト風雲録久美沙織
(B6判)/本の雑誌社 2004年10月
1575円 ISBN:4-86011-038-2
bk1 Amazon 楽天ブックス
Webで見たという人もいるだろう、「このライトノベルがすごい」連載エッセイの紙の本バージョン。かなり整理されていて、読みやすく、半生の自伝ふうにも面白い。
ほかに、たとえばお気に入りのシリーズ打ち切りなどに泣いたことのある人はとりあえず読むべし。作家の仕事事情がセキララに書かれており、こりゃ著者ひとりを責めるのは酷だと、よくわかる。まあこの本は著者側だけの話ではあるのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.30

下見帖更新。

やっとこ、新刊下見帖を更新。10/23~25ぶんのみ。
もう買っちゃった本もありだが他にも寮美千子久々の新刊、やっぱり古川日出男の新刊はチェックしなきゃ。

Continue reading "下見帖更新。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『聖なる島々へ デイルマーク王国史 2』(20041029)

聖なる島々へダイアナ・ウィン・ジョーンズ/田村 美佐子訳
創元推理文庫/東京創元社 2004年10月
903円 ISBN:4-488-57207-3
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (10) | TrackBack (0)

『シャドウ・パペッツ』(20041029)

シャドウ・パペッツオースン・スコット・カード/田中 一江訳
ハヤカワ文庫SF/早川書房 2004年10月
1050円 ISBN:4-15-011491-9
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『くらやみの速さはどれくらい』(20041029)

くらやみの速さはどれくらいエリザベス・ムーン/小尾 芙佐訳
海外SFノヴェルズ/早川書房 2004年10月
2100円 ISBN:4-15-208603-3
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.10.27

カテゴリを再整理してみたり

読みかけ本については『1688年バロックの世界史像』 みたく中味書き加えだけ、読み終えて感想書いた本は再度新規書き込みして、買い本記録を消すことにしよう。
この配置を直すにはHTMLをいじればいいんだろうけど、今はここまで。
買い本帖は……楽天のポイントサービス狙いで拾遺な感じでした。
下見帖は先週末ぶんチェック先回しで制作中ですだ。隙間はあとから埋めるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『怪奇礼讃』(20041025)

怪奇礼讃E.F.ベンスンほか/中野 善夫;吉村 満美子編訳
創元推理文庫/東京創元社 2004年7月
1995円 ISBN:4-488-55502-0
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夢見る猫は、宇宙に眠る』

夢見る猫は、宇宙に眠る八杉将司
(四六判)/徳間書店 2004年7月
1995円 ISBN:4-19-861880-1
bk1 Amazon 楽天ブックス
第5回日本SF新人賞受賞のデビュー作。
うーん、これたぶん例えばハヤカワJAとかで700円前後なら、新人賞チェックでなくても買ってたかも。
いや、まあ、書影は帯がないので真っ赤なだけですが、この新人賞絡みの本はみんなイラストの入った太い帯がつくんですな。そこに「火星は突如として翠の星へと変貌した」とあるように、ナノテク実用化後でテラフォーミング可能なくらい遠い未来の話なんだけど。
主人公の隔絶感がなんというか、リアル……というのもヘンか、実感があるのである。誰かと話していても、その人と話している自分、ふたりを外側から眺めているような。そんな感覚。
就職して働いていて、なんというか会社側が必要と判断した社員を心理カウンセラーのところに連れて行く、という、ストレス溜まりそうな仕事を四年間も続けているのだが、ストレスの源としてはっきり描かれるのは親との関係で。
その仕事先の病院で、ユンと名乗る女の子に出会うんだけども、いきなり「ワタシ、きれい?」とか聞かれたら、こりゃ相談しに来てるほうかな、と思うよな、ふつう。
しかしユンはそうじゃなくて、他者と独自に関わりたがる癖があるだけの、実習生だったのだ。
彼女に関わられることで、主人公は自ら断ち切ろうとしていた人間との関係を再び開かれるのかな、と思うんだけど、これじゃいつまでも火星の話にはならないわけで。
いや期待は裏切られ後半そういう話になるんだけど、前半トゥインの描かれかたとか、けっこういいなと思っただけに、いっそ別々ならと思ったりもした。
ちなみにラストにはちょっとガッカリ。火星のこととか、かなりな有為転変があるだけに、内的にもなんかあってほしかったなあ、というのが本音でありました。だからリアルでいいのだと言う友人もいるので、まあこのへんはお好みしだいかと。(20041103)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『復活の地 1』(20041025)

復活の地 1小川一水
ハヤカワ文庫 JA 761/早川書房 2004年6月
1995円 ISBN:4-15-030761-X
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『ゼロから学ぶWebプログラミング クールなサイトをつくりたい!』(20041025)

ゼロから学ぶWebプログラミング日経ソフトウエア編集編
日経BPパソコンベストムック(A4変形)/日経BP社 2004年11月
1995円 ISBN:4-8222-2828-2
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.26

新潟県中越地震:義援金及び支援物資について

秋田で市の職員を騙った義援金詐欺が起きかかったという。→朝日新聞社会面
都内で〈震災おれおれ詐欺〉も出たそうだ。→読売新聞社会面
ご家族親類が被害に遭われたかた、心中お察しします。ただ、どうか冷静に。

しかし余裕はないがせめて何がしかと思っている人は多いと思えるだけに、悪戯にしても腹が立つ。
募金するほうも、馴れないことだからどこ調べたらいいか分からないかもだけど。大事なお金だし、自分で確かめて信用できるところに預けたいもんだ。
たとえば@niftyでは@payでカード決済の募金をネットで受け付けている。ささやかですがさっき募金してきたさ。
カード使えなくてはねられた人には、くりおね あくえりあむさんの「義援金及び支援物資について」で金融機関など受付先を整理してくれているので、参考にしてほしい。

時間と体力に余裕のある人はどうかボランティアに。まず家の近くでOKですからボランティア登録してね。
朝日新聞だと社会面(最終ページのテレビ欄から開いたところ)に各ボランティア団体の連絡先を載っけてるし。
何をどうしたらいいかわからない時は、阪神淡路大震災当時、何も知らないままボランティアに駆けつけた経験のあるまうんとくっく日誌管理人さんが経験談も含めて、「平成16年新潟県中越地震を考える」に分かりやすく書いてくれています。

ニッポンに住んでる以上、じぶんは大丈夫とか言えないんだよなあ、と、だんだん不安になるしするけど。
今できることをするしかないんだな。崩れた本をかたづけて、保存してる水を替えておこう。

| | Comments (9) | TrackBack (1)

『オットーと魔術師』

『オットーと魔術師』
山尾 悠子
集英社文庫 コバルト・シリーズ/集英社 1980年8月(版元品切重版未定)
273円 ISBN:4086103672
bk1 Amazon 楽天ブックス

帰り道、1日持ち歩いていた『オットーと魔術師』を読了。家にあった本で、あるから安心してたのか、今まで未読でした。
黒猫を魔術師のところに連れて行くタイトルストーリーはほんの12ページばかり。ほかに収録は「チョコレート人形」「堕天使」と、おそらくコバルト以前の、小説ジュニアに掲載されたハナシであろう。なるほど感じ出てるな、と思いました。
そして、この短編集の半ば以上を占めるのは「初夏ものがたり」という連作だ。
共通して登場するタキと名乗る日本人男性は常にダークスーツを身に纏い、一分の隙もなく身だしなみを整えている。五月雨の午後にもズボンに座り皺ひとつついていないのは、この世の存在ではないからなのだ。この世とあの世、曖昧だが確固たる境目を越えるビジネスに、向こう側のエージェントとしてかれは関わっていた。
といっても深きより何者かが攻めてくるとか、そんな話ではなくて、もっと個人的な、叙情的な話なのであるが。強い思いは現れても、それが増幅され温度が上がることはなく、結末は翳りの兆す夕刻の風のように、ひやりと冷たい。
あっさりとした短編で、まあ、読後感は悪くない。無機質と闇の加わった後年の短編こそワタクシの好むところであるのだが。まあ、こういうのもいいかな。

Continue reading "『オットーと魔術師』"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.25

図書館で海の彼方のローマ帝国

捜してきた。岩波の世界歴史選書。新刊案内を見るたび面白そうだと思うのだが、中身がワタクシには手強い。ついでに財布にも手強い 汗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.24

『傷痕 老犬シリーズ 1』

傷痕北方 謙三
集英社文庫/集英社 1992年9月
580円 ISBN:4-08-749847-6
bk1 Amazon 楽天ブックス

久々にキタカタ。老犬といわれる高樹刑事の、その少年時代。
焼け跡闇市な世界で、浮浪児を収容する施設からふたりして逃げ出した良文と幸太は、自分たちの力で生き抜こうとする。だまされまい、何者も信じまいとするのだが、だまされる時はだまされる。
ただ刹那の情だけが、救いのように、うたかたの光のように、差し入るばかり。
幸太はこのあと、どうしたのだろう。また続きを探しにいくか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

『ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」』

ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」アポストロス・ドキアディス/酒井 武志訳
(四六判)/早川書房 2001年3月
1890円 ISBN:4-15-208336-0
bk1 Amazon 楽天ブックス

文庫を少しは片付けるかと入ったはずの書庫で手にとってしまったこの本が面白く、読了してしまう。
「ゴールドバッハの予想」とはご存じのかたも多いだろう、数学上の難問と言われる命題のひとつである。いやワタクシ知りませんでした(汗。
なんというのか、こう、ひどくヒロイックな話として読めるのだ。一族のなかで困りもの扱いされている伯父さんが、実は数学者で。甥である主人公の少年は、伯父の秘密に近づこうとして数学に魅せられる。
言分けて説明しなくてはならなくなったとき、実業家の父(3兄弟の次男で、ごく実際的な男性である)は「兄は「ゴールドバッハの予想」で人生を誤った」と吐き捨てるように言うのであった。
いや、まあ、ドラゴンとか囚われの姫君はいないけど、希有な人物が困難に挑む探求の物語として、その懊悩、風変わりっぷりも含めて実に魅力的に描かれている。
数学に通じた人ならもっと深い楽しみかたが出来るんだろうけど。もう学校の数学は忘れたけど数学用語にアレルギーはないかな、という人なら、面白さは感じられると思うのだが。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.10.22

『ぬっとあったものと、ぬっとあるもの 近代ニッポンの遺跡』

ぬっとあったものと、ぬっとあるもの鎌田東二ほか
(A5判)/ポーラ文化研究所 1998年10月
1575円 ISBN:4938547392
bk1 Amazon 楽天ブックス

カバーの大船大仏に記憶を刺激される人もいるでしょう(汗。ひとの住む町にスケール感の異なるサイズでそびえ立つ高い建造物を扱った本。大仏や回転展望台(レストラン含む)、太陽の塔とか東京タワーにゴジラまで。
写真たくさんで、どことなく可笑しみのあるところは『新 正体不明』を思わせるんだけど。ついてるのが路上観察学会的な、思わずクスっと来てしまうひねったキャプションじゃないんですな。
それぞれに美術史的、あるいは建築史的、はたまた民俗学的にアプローチする専門家の解説なので、ちょっと手こずりました。調査はさすがに行き届いて、それぞれの来歴には読みふけってしまうのですが。
トマソン的興味しか感じないのはやはり実物ほとんど見たことないせいもあるだろうが。ゴジラも埋没するビル街に馴れちゃってると、むしろスケール感のほうが変化していると言えるのかも。
ええとポーラ研究所が出していた「is」(~2002年9月刊第88号)の別冊と聞けば、なるほどと思う内容なのかも。ちなみに図書館の本でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

[ムーミンパパの思い出]を発掘。

パパは拾われっ子だったとは。スナフキンパパの何もしなさが素敵です。ニブリングはラブリー 笑

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.19

下見帖更新

すごいデカい台風が来ているらしく、頭痛に悩まされつつ下見帖更新。といっても10日まで。
そんで『物語消滅論』読了で、考えたことを書いてみる……いや物語の消費って個人的な営為だから。イデオロギーの大局につながりませんでした。うぬ、修行が足りませんな自分。
あいかわらず絞りきれない↓チェックリスト。

Continue reading "下見帖更新"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

〈マジカル・シティ・ナイト〉

朝松健  スーパークエスト文庫/小学館
1部(5冊)、2部(2冊)刊
 備考:文庫廃止のため入手困難。古書のみ。

マジカル・シティとは、コチラ側が向こう側と呼ばれるような、魔法によってなりたつ世界に属する都市である。市警本部長はネクロマンサー、部下の〈騎士(ナイト)〉が主人公なのだった。
買い始めるのが遅くて奇数巻しか持っていなかったのだが、無事中抜けが埋まったので読んでみた。
主人公はハードボイルドぶってはみるがツマづきの多い青年なのだが。
やるときゃ、やるのである。いや、なかなか。

Continue reading "〈マジカル・シティ・ナイト〉"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.18

建築探偵の話になり。

正確には出かけたときの茶飲み話(笑)を思い出していたら〈建築探偵〉シリーズあるよ、という話になったのを思い出して、積み上げた山とか本棚部屋をざっと見たら、最終巻まで買っていたのを発見しました<今頃。
番外編は目に入ってなかったのと、講談社のサイトで説明見たら覚えがあるけど見つからないのと、タイトルすら記憶にないのと(汗、中抜けはありました。
『未明の家』が好きで、気に掛かっていたシリーズだけに。
本編の明確な中抜け『仮面の島』を探したくなるのが人情というものである(汗。しかしまあ、まず図書館だ自分。

Continue reading "建築探偵の話になり。"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

〈建築探偵桜井京介の事件簿〉発掘おぼえがき。

〈建築探偵桜井京介の事件簿〉 11+外伝3
 篠田真由美  講談社ノベルズ/講談社

備考:『美貌の帳』までは講談社文庫化(2004年9月)。

パラ見たところ追い掛けで買った巻には5刷に至るもあり、シリーズ作品は版元サイトでもほぼ品切れ無し。
探偵からして自明であるが(笑、リサイクル書店にはほとんど出回らないところも女性に人気のシリーズの特徴である。

Continue reading "〈建築探偵桜井京介の事件簿〉発掘おぼえがき。"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.10.16

ひたすら買い本帖をつけていると。

もう今月ぶんは買ってしまったのがよく分かる(汗。
先日、友人に誘われて、丸の内オアゾの丸善・丸の内本店に行ったけど。
あの棚の高さはいただけないとよく言われてますが、確かに見づらいですね。閉塞感はあるし。しかしあれだけ量があると、あれもあるこれもあるになるのはかなり嬉しいんだな。
いや、なにも買わずに帰るのが辛かったこと。そこをドゥバイヨルのカフェのアイスクリームで何とかしのいだのはひみつ(笑)。おいしかったですよ。
それにまあ、主目的はギャラリーの「羊皮紙に描かれた中世」でしたから。ガラスケースにほとんどかぶりつき、隅から隅まで『リンディスファーン聖書』『バンベルク黙示録』(どちらもファクシミリ復刻)を見ました。至福。

いやはや、サイトの画像ファイルをとにかく減らしたので更新はできるようになったけど、チェックした本を検索したいんだよう、という欲求は満たされないままだったり。
途方にくれていても、本は出るんだなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『「装飾」の美術文明史 ヨーロッパ・ケルト、イスラームから日本へ』(20041015)

「装飾」の美術文明史鶴岡真弓
(四六判)/日本放送出版協会 2004年9月
2310円 ISBN:4140808969
bk1 Amazon 楽天ブックス

教育テレビの人間大学、だったかな、「装飾の美術文明史」という講座がありまして。
その講座の内容をもとに書かれた本だそうな。そういう派生本これまで結構ありましたけど、NHKは出さないもんだと思ってたので、ちょと驚き。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

『隻腕のサスラ 神話の子供たち』(20041015)

隻腕のサスラ榎田尤利/北畠あけ乃
講談社X文庫/講談社 2004年10月
662円 ISBN:4062557592
bk1 Amazon 楽天ブックス

作家買いです、はい。未来都市の話で、ボーイズラブではないようです。主人公女の子だし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ドーキンスvs.グールド』(20041015)

ドーキンスvs.グールドキム・ステルレルニー/狩野秀之訳
ちくま学芸文庫/筑摩書房 2004年10月
1050円 ISBN:4480088784
bk1 Amazon 楽天ブックス

この文庫は高いと思ってはいたけど、あらためて驚く価格である(汗。187ページだし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『紅茶を注文する方法』(20041015)

紅茶を注文する方法土屋賢二
文春文庫/文芸春秋 2004年10月
490円 ISBN:4167588080
bk1 Amazon 楽天ブックス

……これはムリっぽい。週刊誌のひねりがきいた短いコラムをまとめて読むのはやめといたほうがいいようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『物語消滅論 キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」』(20041013)

物語消滅論大塚 英志
角川oneテーマ新書/角川書店 2004年10月
780円 ISBN:4047041793
bk1 Amazon 楽天ブックス

こだわるなあ、というのはよくわかる最新刊。
前々回とその前はバージョン違いに思えたので、今度は何かプラスアルファがあるといいのだが。(20041016)

Continue reading "『物語消滅論 キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」』(20041013)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『へんないきもの』(20041013)

へんないきもの早川 いくを
(四六判)/バジリコ 2004年8月
1575円 ISBN:4901784501
bk1 Amazon 楽天ブックス

わたしの好きな『鼻行類』『平行植物』とは違って実在の、しかし十分信じがたい生き物を扱っている本。おしむらくは挿し絵がカラーでないことか。いやフルカラーにしたら価格もしかして倍ですけどね。(20041016)

うむう持ち歩きつつ読了。水棲腔腸動物や軟体動物、陸水問わずの昆虫が多かった。
ダイビングをする人なのでは、とは思ったが、考えてみれば恒温で内骨格の哺乳類では、薄っぺらかったり極端に手足長かったりするにはムリがある。形の自由度に制約が大きいわけで、信じがたいカタチというと種にかたよりが出るのはあたりまえかもだ。トリビア的に素直に読んでヨシな感じで。

Continue reading "『へんないきもの』(20041013)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『時の旅人クレア 2』(20041013)

時の旅人クレア2ダイアナ・ガバルドン/加藤 洋子訳
ヴィレッジブックス(文庫)/ソニー・マガジンズ 2003年2月
777円 ISBN:478971991X
bk1 Amazon 楽天ブックス

三部作の真ん中。古本屋か図書館でと思っていたのに手に取るともう戻せなかったり<負け負け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.15

買い本帖をつけながら。

やっぱり本は買ってしまうもので(汗、読んだり感想書いたりの日々なのだが。
新刊下見帖を作りつづけて(中断期間抜きでも)半年以上になるのにデータサイズの見直しをしていなかったのだが。
いままで不具合があったらしく、つい先日になって「容量を超えています」と連絡が来た。いや困った。
しかし何とかデータを整理せにゃならぬ、ということで、下見帖は1回休むかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『吉永さん家のガーゴイル4』(20041012)

吉永さん家のガーゴイル4田口仙年堂/日向悠二
ファミ通文庫/エンターブレイン 2004年8月
672円 ISBN:4757719671
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『1688年バロックの世界史像』(20041012)

1688年バロックの世界史像ジョン・E.ウィルズ・Jr/別宮貞徳訳
(四六判)/原書房 2004年9月
2940円 ISBN:4562037903
bk1 Amazon 楽天ブックス

ぼつぼつ読み進み中。世界史を1688年という時間軸で横断する試みなのだが、その一年に起こったことを記すにとどまらず、そのような状況にどのように至ったかを解説してある。
いや訳すも大変な労力だったと思われる。まして原著者においておや。
さて、導入部はメキシコだ。ヒエロニムス修道会の修道女でありながら文名を恣にしたクレオールの女性の話から、はじまっている。なぜそのような、スペイン本土さながらの文筆家が当時の植民地に生まれたか、その土壌としての支配階級の実態や、銀山からの収奪の実相が解き明かされる。うむ、圧巻。(20041027)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

『野獣から美女へ おとぎ話と語り手の文化史』(20041012)

野獣から美女へマリーナ・ウォーナー/安達まみ訳
(A5判)/河出書房新社 2004年10月
5040円 ISBN:4309204163
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『NARUTO 巻ノ24 ピンチ・ピンチ・ピンチ』(20041012)

NARUTO 巻ノ24岸本斉史
ジャンプ・コミックス/集英社 2004年10月
410円 ISBN:4088736605
bk1 Amazon 楽天ブックス
巻タイトルどおりの内容なんですが、そこを脱するまでの過程なので、対戦物状態で。
物語嗜好の読者としては、ちょと辛いかも。しかし君麻呂、いとあわれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.13

『運命は剣を差し出す 2 バンダル・アード=ケナード』

運命は剣を差し出す 2駒崎優
C・novels fantasia/中央公論新社 2004年7月
945円 ISBN:4125008612
bk1 Amazon 楽天ブックス

バンダル・アード・ケナードとは、軍服があるけれど銃砲の出てこない異世界の傭兵部隊の名前なわけで。そう、軍隊としてはドイツ農民戦争とか、そんな時代の感じ。
1巻はその隊長が負傷してて、置いて進軍せざるを得なかった部隊と再会するまでの話、なんだけど。
2巻では時を遡り、傭兵隊のそれまでが語られる。若くして先代に後事を託された隊長だけに、主人公ジア・シャリースは腕利きというばかりじゃなく人情味もありで、どこか日常的平穏の明るさを匂わせながら物語は快調に進む。戦争だから惨い話あり仲間の死という事態もありなのだが。
もちろん新人も来る。カバーアートに独りアップの色浅黒い青年は、最初、名乗る名前を持たなかった。ジア・シャリースは彼にマドゥ・アリ、狼という名を与え、東の出身の若者は徐々に仲間になっていくのだが。
青年の顔の左半面を覆う刺青と、黒い軍服の肩に白い縫い取り?の模様の関連が明らかになっていく過程には、作品世界をリアル歴史の延長と考えると違和感があるかもしれない。
しかし読むのは現代に生きる私たちであるわけで。その現代的感性が感じる違和感を主人公に負わせ、決断を導き出すまでの過程は、訴えかけてくるものがある。
架空性の高い話でしか、できないわざであるわけで。
とにかく続きが楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.12

『スター・ハンドラー (上)』

スター・ハンドラー  上草上仁
ソノラマ文庫 937/朝日ソノラマ 2001年7月刊
520円 ISBN:4257769378
bk1 Amazon 楽天ブックス

友人のボードで『スター・ダックス』つながりの話題になり、書棚を探したらやっぱり買ってたので、とりあえず読了。ううむこれは……職人気質でチームワークを忘れない大人のキャラを配して、ひたすら構築、いっぱい書き込む『スター・ダックス』とはベクトル的に反対だとおもわれる。
いや面白いんだけど。独白男の喋りがキタカタ節に重なっていけませぬ(笑。
しかしわたしは下巻を買ったのか?<書棚にはみあたらない……

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『デス・タイガー・ライジング 1 別離の惑星』

デス・タイガー・ライジング 1荻野目 悠樹
ハヤカワ文庫JA/早川書房 2003年5月刊
735円 ISBN:4150307229
bk1 Amazon 楽天ブックス

舞台は二重太陽の星系、遠い未来社会。親同士の都合で見合いさせられたミレとキバはいつしか惹かれ合うようになるのだが。やがて来る大天災、千年に一度の〈夏〉を生き延びるため、政府は他星への侵略に踏み切り、思い合うふたりも会うことすらできないまま、世界は惑星間戦争に突入するのであった……と、これきり会えないでは大河ロマンスにならないので、再会はするんだけれど。
過酷な体験をしたりで彼も彼女も変わっていくわけですな。いや、このへん、どう書いてもネタ割りそうなので、とっとと続きを探すとします。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.10.11

『時の旅人クレア 1』

時の旅人クレア 1『時の旅人クレア 1』
ダイアナ・ガバルドン/加藤 洋子訳
ヴィレッジブックス(文庫)/ソニー・マガジンズ
777円 ISBN:4789719812
bk1 Amazon 楽天ブックス

第二次大戦後のイギリス、歴史家の夫とスコットランドに旅行にきていたクレアは、こっそりストーン・サークルの儀式を覗き見ます。翌朝もういちど、今度は独りで来た彼女は、ふとしたことでスコットランドの大地に走る力に触れてしまうのです。目もくらむ衝撃から立ち直った時、そこは18世紀でした……というロマンス小説。いや意外とあるんですよ、タイムスリップもの。

Continue reading "『時の旅人クレア 1』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.10

『不安な童話』

『不安な童話』不安な童話恩田陸
祥伝社文庫/祥伝社 1999年4月刊
580円 ISBN:4396326777
bk1 Amazon 楽天ブックス

25年前にはカルト的な人気を誇っていたという、名も知らない女流画家の回顧展に行ったとき、主人公に幻視が訪れる。鋭いハサミに首の血管が破られて、死が、訪れる。
主催者こと画家の息子は問いかける。「生まれ変わりを信じますか?」

Continue reading "『不安な童話』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.09

5日までの下見帖が

できてたのを書くの忘れてました。新刊下見帖20041001~20041005。
あいかわらず絞りきれないチェックリストは↓のとおり。

Continue reading "5日までの下見帖が"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

創元11月のフェア

東京創元社のメールマガジンが来ていた。更新部分を含めいろいろ見てみる。
月末刊のイーガン『万物理論』の訳者あとがきが一部公開されている。待ち遠しい感じ。
11月に[翻訳者・書店員が薦める1冊フェア]があるという。
SF部分は↓な感じ。中に1冊だけ、フェアをきっかけに重版される本があるのである。
ま、タイトル見ればすぐ分かるっていうか(笑。

Continue reading "創元11月のフェア"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.07

下見帖作成。

と言っても日付には追いつかず、9月末までの新刊下見帖をアップ。
買ったのもありますが、見てみたい本は↓に。

Continue reading "下見帖作成。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『エマ 2』(20041006)

エマ 2森薫
Beam comix/エンターブレイン 2003年3月
651円 ISBN:4757713126
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ』(20041006)

彩雲国物語 4雪乃紗衣/由羅カイリ
角川ビーンズ文庫/角川書店 2004年10月
480円 ISBN:4044499047
bk1 Amazon 楽天ブックス

シリーズ四作目。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『言語情調論』(20041004)

言語情調論折口信夫
中公文庫/中央公論新社 2004年9月
620円 ISBN:4122044235
bk1 Amazon 楽天ブックス

情調という聞き慣れない言葉だが折口信夫の卒論であるよし。
文章が独特で、手に取ったら戻せなくなり購入。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『砂漠の風に吹かれて』(20041004)

砂漠の風に吹かれてベティ・ウェブ/上條ひろみ訳
二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション/扶桑社 2004年10月
950円 ISBN:4594048048
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『詩人(うたびと)たちの旅 デイルマーク王国史 1』(20040924)

デイルマーク王国史 1ダイアナ・ウィン・ジョーンズ/田村美佐子訳
創元推理文庫/東京創元社 2004年9月
693円 ISBN:4488572065
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『挑戦!嵐の海底都市 脅威!不死密売団 キャプテン・フューチャー全集 2』(20040924)

キャプテン・フューチャー全集 2エドモンド・ハミルトン/野田昌宏訳
創元SF文庫/東京創元社 2004年9月
1260円 ISBN:4488637124
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『エマ 1』(20040924)

エマ 1森薫
Beam comix(A5)/エンターブレイン 2002年9月
651円 ISBN:4757709722
bk1 Amazon 楽天ブックス
かなり前にメイド物通の友人から教えてもらったタイトル。そのときは1巻だけ品切れだったのである。
今年6月付の9刷を無事ゲット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.06

『象られた力』の律動感

024706300000S.jpg
飛浩隆
ハヤカワ文庫JA/早川書房 2004年9月
777円 ISBN:4150307687
bk1 Amazon 楽天ブックス

最初に白状しておくと、わたしは『グラン・ヴァカンス』を読み通せなかったのである。短編なら何とかなるかと取りかかってみたのが本書なのである。「デュオ」はたしかSFマガジンで読めた記憶があったしね。
で、その「デュオ」をフムフムと読み終わり、「呪界のほとり」にニヤニヤ、3作目「夜と泥の」がツボに嵌った。いや、つい音読したくなる律動感に、とりこまれる感じがして。
主人公が呼ばれてはるばるとやってきた辺境惑星の沼地、対立する惑星改造マシンの群れがお互いに、それぞれナノマシンの影響下にあるらしい生物たちを味方に付け、惜しみなく戦う蕩尽の一夜に。
その実景と、そこまでの道筋をカットバックで挟み込むなかで、主人公を呼び寄せた作中人物は、人類の拡散と希釈、おそらく内向を案じてみせる。ここに解決策があるのかと、思わず期待するのだが……スカッと外されました。いや短編小説の常道っていうか、外しつつ納得させてこそ短編なんだけども。
やや身構えてタイトルストーリーにとりかかる。既に無い星《百合洋》の、謎に満ちた象徴の体系が人々を虜にするさまは、なんと魅力的であることか。そして、惑溺したい心持ちを異化し対象化し外部化していくテクニックの巧みなこと、背筋がぞくりと粟立ちそうな。
しかしまあ、だからこそ『グラン・ヴァカンス』はダメだったのかもしれないと、今にして思い至るのだが。
とりあえず書庫を探して、再チャレンジしてみますかね。構造が見えれば、離した対象として読むこともできると思うし。

Continue reading "『象られた力』の律動感"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.10.05

『畸形の神 あるいは魔術的跛者 』

畸形の神種村 季弘
(B6)/青土社
2200円 ISBN:4791761073
bk1 Amazon 楽天ブックス

この大先達が8月末に薨じられた(と書いてしまうのを見逃してほしい)のは、幻想文学を知る人には記憶に新しいところだろう。おそらく生前さいごの本と思われる。
入院中も続いたユリイカの連載を退院後大幅加筆訂正されたもので、古今東西の神話伝承美術詩歌文学を縦横無尽に渉猟しながら、異能ゆえに課せられた跛行という異形、いや異類イメージを追い掛けるエッセイである。
博覧強記は言うまでもないことながら、このイメージの豊饒はどうだろう。そして古代の放胆に自在に追随しながら、現代も残る偏見の桎梏からは自由なのだ。
酌めども尽きぬ美酒を味わいつつも、その作り手がすでに失われているのを噛みしめる。
読み終わるのがなんとも口惜しかった。
碩学の魂よ、どうぞ安らかに。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ユニセフのギフトカタログが来た。

今年もユニセフのカタログが来た。オリジナルデザインのカードや年賀状用のはがきなどは、以前ニュースステーションなどで何度かとりあげられたのでご存じのかたも多いだろう。カタログからなにか買うと、収益の半分がユニセフに募金される。
サイトもある。直接注文もできます。
はがきだけでなく、メモパッドなど文具類からポロシャツTシャツ、リュックにバッグ、現地の授産事業?で作られたエスニックグッズまで、いろいろある。一番高いのはやっぱりパシュミナかのう。ジュートバッグなんかは値段も手頃で、普段使いにいいかもしんない。
玩具もある。毎年出るオリジナルのテディベア(今年のはシロクマちゃんだ)とか、幼児向けの知育玩具とか。
日本の通販カタログには載ってないようなのもある。
たとえば、「エジプトふしぎ発見」。いや幼児向けの知育玩具で、ピラミッドのぬいぐるみ、じゃなくて、角からジッパーを開くと、スフィンクスやミイラ(包んで装飾の面がついてる形です、念のため)なんかの人形が出てきて。ピラミッドを完全に展開するとエジプトの地図になるという。……さ、さわってみたい。<かなり変な人。しかし5700円はなあ。ちょっとなあ。悩むなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.03

『Edge 4 檻のない虜囚』

Edge 4とみなが貴和/緋乃鹿六
講談社X文庫White heart/講談社
630円 ISBN:4062557428
bk1 Amazon 楽天ブックス

このシリーズ、久々と思っていたら三年ぶりの新刊だった。主人公がプロファイラーだけに心理サスペンスとでも言うべき作品なのだが、相棒の特殊能力もありで、ハナシとしてはややSFに寄ってる感じは変わらず。
しかし4巻の事件はニュータウンでの犬殺しなのだ。臨海地に開発され住宅ばかりが続く街の閉塞感を体現するような少年の情動を追い掛けていく筆は、この三年の思いを詰め込んだように丹念であり、また共感に満ちて、ラストのカタルシスがすばらしい。こんなにうまく行けばと溜息混じりの感慨も呼び起こしはするのだが。
ひとことでまとめれば「親(がわり)だって人間だ。完璧ではない」って話なんだな。

Continue reading "『Edge 4 檻のない虜囚』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.02

『不良の木』――野崎シリーズ

『雨は心だけ濡らす』(感想あり)、『風の中の女』つながりで読み始めた私立探偵野崎のシリーズ。
この野崎の事務所は何故か「人間研究所」なのだ。俺は探偵じゃない、人間を研究しているのだと言うのだが。
なんというか、このシリーズは最初、一心太助かい、と思っていた。
野崎の伯父は関西経済界の巨頭だし、小説に描かれるのは事務所に持ち込まれる普通の仕事、たとえば離婚調査なんかではなく、伯父の名で頼まれる大事なので、必然的に伯父の影がちらつくのである。
しかし物語はその伝家の宝刀のカタルシスではなく、持てる階層の、伯父の年代――ふつうの勤め人なら既に定年退職している年頃、ありていに言えば老人――の男たちが、失ったものをとりかえそうと、また、失えないものを失うまいと懸命にあがくさまを、描き出して見事だ。
人が年を取るのは、何かを繰り返し失っていくことだ。言った誰かは忘れてしまったけど、まだ覚えている。
いや、こんなこと考えるのは、喪失感に感情移入できる年齢になってしまったのだと、それだけのことかもしれないけど。

Continue reading "『不良の木』――野崎シリーズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リユース文庫サイトで。

ううむ、友人とボードで朝松健作品の話になり、思わず〈魔術戦士〉が読みたくなる。背後の書棚に7だけあるのはどういうことか自分(汗。本の山を全部掘り返さないと、どれは買って何は買ってないか最終的には確認できないのだが、ついリサイクル書店サイトを回ってしまう。
知りませんでした、リユース文庫専門と銘打った文庫OFFができていたとは。
使い勝手を試さなくてはと買い物してみたのが1日付けの買い本帖です(汗。

Continue reading "リユース文庫サイトで。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ダブルブリッド 5』(20041001)

ダブルブリッド 5中村恵里加
電撃文庫/メディアワークス
599円 ISBN:4840217386
bk1 Amazon 楽天ブックス
買ってあった1と2をふと手にとって読了してしまったので、続き探索中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ダブルブリッド 7』(20041001)

ダブルブリッド 7中村恵里加
電撃文庫 0616/メディアワークス
578円 ISBN:4840219958
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (10) | TrackBack (0)

『ダブルブリッド 9』(20041001)

ダブルブリッド 9中村恵里加
電撃文庫 0871/メディアワークス
536円 ISBN:4840225435
bk1 Amazon 楽天ブックス
あと6と8だぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『元禄霊異伝』(20041001)

朝松健
光文社文庫/光文社   NoImage
350円 ISBN:4334718442
bk1 Amazon 楽天ブックス
これも友人が再読しているというので、惹かれていたタイトル。シリーズ名はないけど同じ主人公で三冊あるはず。でもこの本が一冊目なので、とりあえず手は付けられるなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『マジカル・シティ・ナイト Vol.4 天空の敵』(20041001)

朝松 健
スーパークエスト文庫/小学館   NoImage
561円 ISBN:4094403744
bk1 Amazon 楽天ブックス
こちらも思い出して揃え中。あと2巻と、2-1。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 1 蛇神召喚』(20041001)

魔術戦士1朝松 健
ハルキ文庫/角川春樹事務所
740円 ISBN:4894565854
bk1 Amazon 楽天ブックス
昔々の大陸書房版を買いそろえそびれ、スーパークエスト文庫版では未完で気に掛かってたこのシリーズですが、相変わらず本の話をしていて、ふと友人が話題に出してくれたので、完結に気が付くしまつ。鋭意探索中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 3 牧神召喚』(20041001)

魔術戦士3朝松 健
ハルキ文庫/角川春樹事務所
740円 ISBN:4894566400
bk1 Amazon 楽天ブックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 6 冥府召喚』(20041001)

魔術戦士6朝松 健
ハルキ文庫/角川春樹事務所
680円 ISBN:4894566710
bk1 Amazon 楽天ブックス

Continue reading "『魔術戦士(マジカル・ウォーリアー) 6 冥府召喚』(20041001)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »