« 『単語の文化的意味 friendは「友だち」か』 | Main | 『ミステリアス・アイランド 神秘の島』 »

2004.09.14

アマゾンに雑誌のコーナー

できた、というので早速見に行く。
フラウが何で今、CLAMP特集なのかとか驚きつつとりあえず見て回る。文芸に小説トリッパー秋季号SFマガジン11月号は当然とも言えるが、どちらも未発売の予約のみで、最新号とバックナンバーは扱わないらしい(ISBNのある書籍扱いの雑誌ならありますが)。
そうかフラウの猫特集は注文できないのか……とかいうのはおいといて(笑)。

よほど大規模な書店か、特化した店にしか出回らないと思われる、たとえば「ネムキ増刊 夢幻館」みたいな季刊誌を予約できたらいいのにと思うが、2号が7月22日に出てたのを今知ったんじゃ遅すぎ。次には早すぎるし。
いや猫十字社さんのシリアス長編『幻獣の國物語』の第2部はどうなったか気になってたんだけど。久々に公式サイト「猫つぐら島」に行ったら、イラスト入り小説として創刊号から連載が始まっているというじゃありませんか。2号は朝日ソノラマのサイトから直販(黒猫ブックサービス経由)はまだ可能のようですが、さすがに中味を見てから買いたいしなあ。迷う……。

|

« 『単語の文化的意味 friendは「友だち」か』 | Main | 『ミステリアス・アイランド 神秘の島』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/1434796

Listed below are links to weblogs that reference アマゾンに雑誌のコーナーが:

« 『単語の文化的意味 friendは「友だち」か』 | Main | 『ミステリアス・アイランド 神秘の島』 »