« 〈エイラ〉ふたたび | Main | 『星空から来た犬』 »

2004.09.28

『ある愛書狂の告白』

ある愛書狂の告白・イメージジョン・バクスター/笙玲子訳
シリーズ愛書・探書・蔵書/晶文社
2940円 ISBN:4794926626
bk1 Amazon 楽天ブックス

本のコレクターの自伝なのはタイトルどおり。
オーストラリア生まれで15才で学校を辞めて鉄道員になりSF小説が雑誌に売れたりするけれど、母国の状況に絶望して移住、映画関係とかの編集者、そしてインタビューして評伝を書いたりするインタビューアーから大学で教えたり、かと思うと一目惚れした女性をおいかけてフランス語話せないのにパリ移住するような人の、コレクションの話なんす。
ちなみにこの流転を通じて、SFファンのミステリ好きなのはずっと変わらず、集めるのも手写石版印刷手彩色革装天金的稀覯本でなく、ミステリやSFの雑誌ハードカバーペーパーバックで、往々にしてボロボロだったり。
いやまあ、ごくあたりまえのリサイクル本屋の100円棚から、我こそは掘り出し物を見つけてやるぜと思ったことがある人なら、この本は面白いと思うわけで。
しかも癖があるどころではないブックハンター、作家、コレクター、映画人たちが、実に魅力的に描かれている。おおむね話は時系列順に進むのだが、回想録だし小説のように筋立てがあるわけではないので、さて読みましょうかと向かい合う姿勢は必要かもだが。
あと、フォレスト・アッカーマンをはじめとするSFコレクター、作家、編集者がぞろぞろ出てきます。そっち系に興味があれば、中盤まで耐えて読み進むべし。

|

« 〈エイラ〉ふたたび | Main | 『星空から来た犬』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/1542293

Listed below are links to weblogs that reference 『ある愛書狂の告白』:

« 〈エイラ〉ふたたび | Main | 『星空から来た犬』 »