« Books_log:買い本帖2月の4 | Main | Books_log:買い本帖2月の6 »

2004.02.24

Books_log:買い本帖2月の5

日曜、久々に大規模リアル本屋へ。

『招き猫の宮』菊地真・荒川千尋 戎光祥出版
 1800円(税抜) bk1 Amazon 楽天ブックス

招き猫研究家としても知られた著者を中心とした招き猫研究本。伝統・新作とりまぜた招き猫のさまざまはもちろん、王朝文芸まで遡り招き猫成立までの精神史が探られる。招き猫っぽい仕草の猫写真まであるところが嬉しく、探してもらって見ていたら手放しがたくなりゲット。いやはや、飲み会の帰りに本屋に寄るもんじゃない、と思いつつ、これは素面でも欲しいかな。

『星と伝説 続』野尻抱影 中公文庫 BIBLIO/中央公論新社
 895円(税抜) bk1 Amazon 楽天ブックス
 
「星の抱影」として知られる野尻抱影の星にまつわる随筆集。本文庫からは7冊目。あくなき熱情が淡々と、ときには叙情的に語られる。一気読了が惜しくなる美文である。

『ギャングスターウォーカーズ』吉川良太郎 カッパ・ノベルス/光文社
 819円(税抜) bk1 Amazon 楽天ブックス

『ペロー・ザ・キャット全仕事』の人の新刊。これは未読。

『吉永さん家(ち)のガーゴイル』田口 仙年堂 ファミ通文庫/エンターブレイン
 640円(税抜) bk1 Amazon 楽天ブックス

全選考委員絶賛!と帯にあるのは掛け値なしと秋津透さんから伺い、かつお勧めをうけて購入。
これもまだ。

以下はbk1で。

『闇のなかの赤い馬』竹本 健治 ミステリーランド/講談社
 1900円(税抜) bk1 Amazon 楽天ブックス
 
 いやまあ、単に作家買いなんですが。ミステリーランドが児童向けというので、書店にいちおう見には行って、この作家らしさはあるなと思ったのでゲット。紙のケースがきつくて困ったり。
しかし、まあ、やっぱり読者として児童書向きじゃないらしいです。

『魔法探偵社よ、永遠に!』ロバート・アスプリン ハヤカワ文庫FT/早川書房
 620円(税抜) bk1 Amazon 楽天ブックス
 
 これもいつものお楽しみ系なんですが、話忘れてました(汗
 探偵社の社長は退くけど、シリーズは続く、らしい。うむう。

|

« Books_log:買い本帖2月の4 | Main | Books_log:買い本帖2月の6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/229847

Listed below are links to weblogs that reference Books_log:買い本帖2月の5:

« Books_log:買い本帖2月の4 | Main | Books_log:買い本帖2月の6 »