« August 24, 2003 - August 30, 2003 | Main | November 16, 2003 - November 22, 2003 »

2003.11.06

『夏のロケット』川端裕人 文春文庫 1/3

購入? Amazon | bk1

今更である。『夏のロケット』である。いや買った時は暑かったんだけどね。
ロケッティアもの、つまりロケット熱宇宙熱に少年時代にとりつかれ、大人になっても冷めなかった人たちの物語ではあるのだが。
古典SF好きとしては当然連想せずにはいられないブラッドベリ的詩情よりはむしろ、リアル面に気を配れば当然見えてくるあやうさをも盛り込んだ、そこに山があるからだ的信念の物語と言うべきか。
なぜ山に登るのか。そこに山があるからだ。山があればとにかく登る、登りたい、なんのためでもなく、登ってどうなるわけでもない(かの名台詞、この解釈が正しいかはわからないが)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夏のロケット』川端裕人 文春文庫 2/3

購入? Amazon | bk1

本作のキモ、核心となるのはロケットである。とにかく飛ぶまでやりとおす、その一念である。
なんとしてもロケットを飛ばして宇宙に行く、行く先は火星である。なぜ火星なのかは作中で語られているし、大いなる共感をもってワタクシなどは読み進んだのだが。
なにか目的があって、そこに到達する手段として新技術を開発する、それがまあ常識的な発想だろうが。目的なく、したいからする、という衝動が理工系特に技術系の人にはあるようなのだ。
火星に行きたいから有人宇宙船実用化の端緒として宇宙ロケットを開発するんでなく、宇宙ロケットを作って打ち上げたいから作るのである。
こういう衝動を肯定的に見るのがSF好きの性向ではあるし、わたしはとても好きなのだが。
現実的には非常にあやうい部分を孕んでいる。ブラッドベリに代表される詩情は、そのあやうさを見えにくくしてしまう。
いやブラッドベリ自身は同種のあやうさをクールにとらえた短編も書いていたはずだ。
より正確を期すには、詩情があまりに強く印象に残るため、その感動を覚えている読者には見えにくくなってしまう、というべきだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夏のロケット』川端裕人 文春文庫 3/3

購入? Amazon | bk1

本作『夏のロケット』は、過激派のアジトから発見されたロケット弾の報道から始まる。そう、いまさらここに書くまでもない、兵器開発と切り離すことはできないのだ、ロケット工学の歴史は。
そして、この種のあやうさばかりではなく。たとえば設定や展開の細部などには、見るからに「?」と理性が立ち止まる部分がある。現実的説得力を求める向きは、本作は穴だらけに見えるかもしれない。
少年の日の夢を実現させるため、作劇のうえであえて無視したと見る解釈も有りだろう。この主題なら許すという人もいるに違いない。実際、それだけの説得力はこの物語には備わっている。
しかし、それは話が逆だと思うのだ。
なんのヒモ付きでもないロケットを宇宙に飛ばす、それをロケット開発の黎明期でなく現代の日本で実現させるのは、これだけあやうく、あやしいことなのだと、はっきり提示されているように私には思える。
そんなあやういことでなく、実用的かつ現実的な宇宙開発が行われていてほしい。詩情に乗せられてしまう稚気ゆえのガムシャラさなんかなくても、火星にロケットが飛んでほしい。
太陽面フレアで日本の衛星が二つもダメになったというニュースを聞いたりすると、素人ながら切に願わずにはいられないのであった。
大団円的結末特に女性記者の行く末が引っかかるものの、まあ、続きは読んでみようかと思う。
(20031106)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2003.11.03

買書20031102-4

『〈民族起源〉の精神史 ブルターニュとフランス近代』 世界歴史選書 岩波書店
bk1 Amazon 楽天ブックス 2,600円
『パソコンは買ったまま使うな! フリーソフトで作る快適環境』鐸木 能光 岩波アクティブ新書
bk1 Amazon 楽天ブックス 740円

今回注文の目玉は実は『〈民族起源〉の精神史』。ケルト本というか、ケルト的なるものの継承されぐあいの実態っていうか。
ちなみに買書1はボーイズラブ系、2はライトノベル媒体、3は一般向け歴史っぽい小説類、4は小説じゃない本す。
ポイント特典につられて楽天を利用してみましたが、岩波とかの在庫量が少ないのか、取り寄せ扱いになりました。
二週間は待たなかったけどね。まあ、たまたまかもしれませんが、ちょと後悔。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

買書20031102-3

『赤い館の騎士 マリー・アントワネットを救え!』A.デュマ ブッキング
bk1 Amazon 楽天ブックス 2,500円
『岳飛伝 2 烽火篇』田中 芳樹編訳 講談社ノベルス
bk1 Amazon 楽天ブックス 760円
『ジハード(1)猛き十字のアッカ』定金伸治 集英社文庫
bk1 Amazon 楽天ブックス 590円
『ジハード(2)こぼれゆく者のヤーファ』定金伸治 集英社文庫
bk1 Amazon 楽天ブックス 552円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

買本続き。20031102-2

『黎明の双星(1)』花田一三六 Cノベルズファンタジア/中央公論新社
bk1 Amazon 楽天ブックス 900円
『シャリアンの魔炎』ゆうきりん/高屋未央 コバルト文庫
bk1 Amazon 楽天ブックス 533円
『シャリアンの魔炎(2)』ゆうきりん/高屋未央 コバルト文庫
bk1 Amazon 楽天ブックス 495円
『帝都夢幻道(後編)』高瀬 美恵/下村 富美 パレット文庫/小学館
bk1 Amazon 楽天ブックス 524円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本が来る。20031102-1

というわけで久々の買書記録。今回は楽天でした。
『呪われた天使、ヴィットーリオ』アン・ライス 扶桑社ミステリー(文庫)
bk1 Amazon 楽天ブックス 952円
『僕らはキスからはじめよう』池戸 裕子/紺野 けい子 パレット文庫/小学館
bk1 Amazon 楽天ブックス 467円
『寂しい真珠』 春原いずみ ショコラノベルス/心交社
bk1 Amazon 楽天ブックス 850円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 24, 2003 - August 30, 2003 | Main | November 16, 2003 - November 22, 2003 »