« 『夏のロケット』川端裕人 文春文庫 1/3 | Main | 妖精物語あるいは近代の夢想。2/3 »

2003.11.17

妖精物語あるいは近代の夢想 3/3

しかし妖精画は美しい想像、稚気の産物と思われがちである。コマーシャルベースの意匠とか図案まで入れれば、その域を出ていないものがほとんどである。そういうものを求めて展覧会に来ている人も多かったようで、妖精の扮装で記念写真を撮れる子供向け企画コーナーもあったりしたのだが。植え付けられた芽が非在への憧憬まで育つ例もなくはなかろう。うん。
それにしても出口の物販コーナーには花の妖精(昔チョコのおまけに入ってたカードの絵柄です)グッズいっぱいだった。
しかしドイル挿画の" A Tale of Fairyland (The Princess Nobody)"を買ってしまったのは秘密である(汗。いやその、ドーバーのペーパーバックだし。でもアマゾンとの比較だとレート違いすぎ……あああ。後悔。

『フェアリー・テイル ―妖精たちの物語―』埼玉県立近代美術館 ~20031103
 2004410~2004530 足利市立美術館にて公開予定

|

« 『夏のロケット』川端裕人 文春文庫 1/3 | Main | 妖精物語あるいは近代の夢想。2/3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/6664300

Listed below are links to weblogs that reference 妖精物語あるいは近代の夢想 3/3:

« 『夏のロケット』川端裕人 文春文庫 1/3 | Main | 妖精物語あるいは近代の夢想。2/3 »