« 新着本。 | Main | 『キャラクター小説の作り方』大塚英志;講談社現代新書 »

2003.03.25

『アースシーの風』(日曜読了)

購入→bk1
『帰還 ゲド戦記最後の書』が出た頃の話なので、もうよく覚えていないんだけれど。
三部作の世界を壊してしまったのが惜しい、というような話を聞きました。
わたしはそのとき、年を取って連れ合いをなくしたゴハ、かつてテナーであった女の話を、三部作の世界を壊してまで書きたかったんだろうな、と思ったのは覚えています。だから最後なのかなと思ったことも。物語の結末が、わたしには望んでも叶わない夢のように思えたのです。
どんどん昔話をしそうなので端折ってしまいますが。
結論からいうと、それはただ壊されたのではなかったのです。もういちど、世界は作られていました。意味する「もの」は違いますが、「つくられたものはこわされ、こわされたものは全きものとなりましたな」と様式の長がいうように。
間の短編集を読まないと全体像はたぶん見えないと思うのですが。わたしはこういう話が好きです。

|

« 新着本。 | Main | 『キャラクター小説の作り方』大塚英志;講談社現代新書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6266/6664240

Listed below are links to weblogs that reference 『アースシーの風』(日曜読了):

« 新着本。 | Main | 『キャラクター小説の作り方』大塚英志;講談社現代新書 »